はじめてのスカイプ反省瞑想会

2018年6月2日(土)、京都で初めてのスカイプ反省瞑想会が開かれました。
これはあくまでも京都の場合であって、こうしないといけないという訳ではありません。ただ、これから開かれる方のために、参考になればと、京都でのやり方をご紹介しておきます。


午後2時から、司会の方が、反省のテーマを配ります。これは4つのテーマを写真のように4枚の用紙(A4用紙を4等分した4枚の細長い紙)に印刷し、それをホッチキスで留めてあります。配られた時点では、一枚目のテーマのみが見ることができます。

 


 

∋焚颪諒が10分ごとに合図するので、合図するまでは最初のテーマについてノートを広げて反省し、決して2枚目3枚目をめくって、次のテーマを見ないよう指示されます。

 


 

5都の場合は、この後2部屋に分かれました。机の上にノートを広げて反省される部屋を用意されたようです。
もう一部屋はスカイプ瞑想会の会場となる部屋で、ここは音が外に漏れないようになっており、反省中、大声を出す可能性のある方はこの部屋で反省してくださいということです。

(※ただ2部屋に分かれる必要はありません。机も、「あれば便利」というだけで、なくて膝の上でということもOKな訳です。)

 


 

 

と疹覆始まると、10分ごとに進行の方が、「10分たったので、次の紙をめくり、そこに書かれてあるテーマで反省してください」と声をかけ、進行されていました。
こうして4つのテーマで40分の反省をし、休憩の後、午後3時からのスカイプ瞑想会に臨みます。

※以上が、京都で見学させていただいた反省会の様子です。最初動画でと思っていましたが、静止画と説明文で十分と思い、ブログで紹介させていただきました。

| スカイプ瞑想会 | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

「2巡目_京都スカイプ瞑想会_瞑想部分」の動画と音声を「UTAブック・メンバーズページ」へアップしました。

「2巡目_京都スカイプ瞑想会_瞑想部分」の動画と音声を「UTAブック・メンバーズページ」へアップしました。

2巡目のスカイプ瞑想会からは先に4つのテーマで反省を行い、その後に瞑想を行う流れになりました。

瞑想部分は30分間となりますので、DVDなどの作成を行う予定はありませんので、ご了承ください。

あわせて「2001年04月_石川、福岡勉強会_講話部分」のデータを、「01_セミナー」の「05_これ以前のセミナー」の「01_講話部分のみの動画」へアップしました。

第154回エルランティの光セミナー3日目のデータが抜けておりましたので、提供して頂きました。

いつもありがとうございます。

 

紘次/記

 

| 連絡事項 | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) |

ポッドキャスト「ともに瞑想を 201」

ポッドキャスト「ともに瞑想を 201」が配信されています。
音声ファイル自体は、昨日の朝9時15分に送られてきていますが、所要のため1日遅れになってしまいました。
申し訳ありません。
http://uta-book.com/voice_ishikinosekai.html

| Podcast | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

第11回NPO法人UTAの輪セミナーの抄録をアップしました

6月3日〜5日に琵琶湖グランドホテルで開催された第11回NPO法人UTAの輪セミナーの抄録をアップしました。

 

今回は、3日目のアマテラスに向ける瞑想の際に、前に出られた方への塩川香世さんのコメントも抜き出していただいたので、入れさせていただいています。(全部で50ページほどになっていますので、印刷される場合はご注意ください。)

 

UTAブック・メンバーズページ

http://uta-book.com/members.html

 

 

【格納場所】 

グループフォルダ 

→UTABOOK 

→07_デジタル通信

→02_セミナー抄録

→201806_11thUTAの輪セミナー.PDF

| メンバーズページ | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

全国900館の公共図書館へUTAブック新刊「私たちは、なぜ、生まれてきたのでしょうか? Q&A」の書籍を寄贈用に発送させていただきました。

全国900館の公共図書館へUTAブック新刊「私たちは、なぜ、生まれてきたのでしょうか? Q&A」の書籍を寄贈用に発送させていただきました。
梱包作業にはボランティアの方々に協力していただき、非常にスムーズに行うことができました。いつもありがとうございます。
販売用の在庫はほとんど、なくなってしまいましたが、今からでも紙の書籍で読みたいという方は、機会がありましたら、図書館にリクエストなどを出して借りていただければ幸いです。

紘次/記

| 図書館寄贈 | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

ポッドキャスト「ともに瞑想を 200」

ポッドキャスト「ともに瞑想を 200」がアップされました。
塩川香世さんから、心を学ぶ皆さんへのメッセージです。
http://uta-book.com/voice_ishikinosekai.html

| Podcast | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

5月のともに瞑想会の抄録をアップしました

5月26日にUTAホール大宝で開催された

ともに瞑想会のデジタル通信をアップしました。(朝日/記)

 

 

UTAブック・メンバーズページ

http://uta-book.com/members.html

 

【格納場所】 

グループフォルダ 

→UTABOOK 

→07_デジタル通信

→03_ともに瞑想会

→20180526_ともに瞑想会.pdf

| メンバーズページ | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) |

UTAブックでは原稿を募集しています

UTAブックでは、現在「人と動物(植物)のいる風景ー心で感じてみようー」(仮)の制作にあたって、原稿を募集しています。皆さんの身近にある動物や植物に思いを向けて、伝わってくるものを心で感じてみませんか?というものです。思いを向けて、感じたものを文章にして、そして当てはまるテーマを1つ選んでください。テーマは、先に決めても後で選んでもどちらでもOKです。

こちらは、6月15日(金)が締め切りとなっています。

 

そして、今後はこのような形で、塩川香世さんがホームページ「UTAの輪の中でともに学ぼう」やセミナーの中で発信されたことに対して、その都度テーマを掲げて原稿を募集していきたいと考えています。

 

そこから本作りに発展していくこともあれば、UTAブックの季刊誌に掲載させていただくこともあると思います。

「続 意識の流れ」の副題に「最後は瞑想です 正しい瞑想をしましょう」とありますが、頭で考えるのではなく、思いを向けてそこから感じたことを通して学びを進めていくということを、学ばれている皆さんとともに進めていけたらと考えていますので、どうぞお気軽に送っていただけたらと思います。

 

 

今回新しく、3つのテーマを追加しています。

 

「心で感じてみましょう」

テーマ(1)あなたは、田池留吉を信じていますか。田池留吉の何を信じていますか。田池留吉って何ですか。

 

テーマ(2)あなたの中の宇宙は、あなたに何を伝えていますか。

 

テーマ(3)自分に今世肉を持たせた思い、これからも肉を持たせる思いは、いったいどんなメッセージをあなたに発信しているのでしょうか。

 

原稿のテーマについては、その都度新しく追加していきますので、

下記のリンクよりご確認ください。(朝日/記)

 

【現在UTAブックで募集している原稿の一覧】

http://uta-book.com/youridea.html

(UTAブックHPのトップページの一番下にリンクがあります)

 

| 原稿募集 | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

NPO法人第11回UTAの輪セミナーのDVDをただ今、制作中です。

NPO法人第11回UTAの輪セミナーのDVDをただ今、制作中です。
5枚組のDVDになり、15日頃に完成予定です。
定期購入をお申し込みの方には準備が出来次第発送させて頂きます。
お申し込みの方は下記のフォームよりお申し込み、よろしくお願いいたします。
紘次/記
| 連絡事項 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

ポッドキャスト「ともに瞑想を 199」

昨夜、ポッドキャスト「ともに瞑想を 199」をアップしております。
http://uta-book.com/voice_ishikinosekai.html

| Podcast | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM