UTA会だより復刻

 「UTA会だより」が2009年10月から2014年の12月まで、まる5年にわたって12回発行されました。

 各号は少ないもので28ページ、多いもので44ページ、A5判中綴じの印刷物で、セミナーの模様と参加者の体験談、それに事務局からのお知らせで構成されております。

 この「UTA会だより」のデジタル版(PDF)での復刻が完成し、【UTAの輪・関係図書と冊子】→「05_Periodical_定期刊行物」にアップしております。2号から12号についてはデータが残っておりましたが、1号のみ、データが一部破損しておりましたので、ページを画像読み込みして完成させました。連続スキャナーで28ページ読み込むのに、約3分、整理統合してPDF化するのに15分程度がかかりましたが、楽勝って感じです。

 UTA会だよりを連続スキャナーで読み込み

 作業は軽かったですが、内容は、仲間の生々しい声がぎっしりと詰まっておりました。

| 電子出版 | 11:08 | comments(0) | - |

9月19日(土)の「ともに瞑想をしましょうLIVE」配信

塩川香世さんの「ともに瞑想をしましょうLIVE(ZOOMウェビナー )」が9月19日に配信されます。

 

日時:9月19日(土)14:00〜

※13:30から繋いでいただけます。

 

参加方法

 

◇ UTAブックからのメール「UTAブックZOOMウェビナー参加方法」内のリンクをクリックする。

 

または

 

◇ZOOMを開いてZOOM IDの履歴「ともに瞑想をしましょうLIVE」からご参加ください。

 

 


参加方法が分からないという方がいらっしゃいましたら、お早めにUTAブックまでご連絡ください。

当日にお電話いただくことがありますが、申し訳ありませんが、当日は対応できませんのでご了承ください。

 

Tel.0745-55-8525  メール utabook250@gmail.com

| 「ともに瞑想を」ライブ配信 | 10:35 | comments(0) | - |

嬉しいお便り

冊子が少しずつお手元に届いていっているようで、嬉しいお便りをいただきましたので、ご紹介させていただきます。ありがとうございます。(朝日/記)

 

 UTAブック様

 

 いつもお世話になっております。今日冊子が届きました。郵便受けに入っていた荷物を手に取った時、自然と「ありがとう」と言っていました。

 早速開けて取りあえず自分の出したところを読んでみようと思い、出させてもらった写真を手掛かりにペラペラとページをめくってみました。

 そしたら二枚の写真を掲載してくださっていました、思わず「わあっ。」と声をあげていました。

 主人がそばにいたので「これこれ見て。」と弾んだ声で言うと、主人も「ほんまやな。この本はなんなん?」と聞いてきたので学びの事を話せる機会をいただきました。「ふうん。」という声しか返ってこなかったけれど、学びの事が少し話せたことが嬉しかったです。

 送らせていただいた所を何度も読み返しました。涙が薄っすら浮かびその時と違う思いも出てきました。

 自分の反省文を読み返すことはまたお勉強になるんだなと思いました。

 冊子を早く届けていただくには大変な作業だったことだとお察しします。

 本当にありがとうございました。

 これからもUTAブックさんの企画を楽しみにしております。

 どうぞよろしくお願いします。

 

 

 UTAブックさんへ

 

 こんにちは(^^♪

 買い物から帰ったらブックさんからお届け物が郵便受けに入っていました。

 ずっしり重たいです。郵送作業が大変やなぁ〜って思いました。

 ありがとうございます。

 

 さっそく開封、田池先生の写真を見た瞬間「わぁ!こわぁ!」って思いました。

 本を手に取り中を見て

 「え〜、この中から自分のん見つけるん・・・」

 

 🙄そういえば、ブックさんが

 頁数が多いですが、パッと開いた箇所や目に留まった箇所を読んでいただいてもいいと思います。

 パラパラめくるだけでも伝わってくるものがあって嬉しいです。

 ってあったよなぁ〜。

 

 赤ちゃんがお母さんのおっぱいを飲んでる写真が目に、、、思いが上がってきて涙が、、、

 テ−ブルの上にあった愛の円盤の上に本を置いてゼロ歳の自分を思ってみました。

 そして本を手に持ってパラパラと

 超ビックリ、

 自分のページにですやん✪ ω ✪え・ぇぇぇー嬉しい。

 

 表紙「あなたの意識です<その後>」が目に「あなたの意識ですか?」

 「はい!私の意識です」と答えました。

 

 田池先生が「本は意識ですよ。波動ですよ。」って、何度もおっしゃってました。

 こんな体験が出来てメッチャ!嬉しいです。

 

 ほんま!ありがとうございます。

 

 

 

| 新刊情報 | 09:19 | comments(0) | - |

冊子「老いと死」の復刻

 リクエストのある中で、比較的ページ数の少ないもの(A5判 表紙とも77ページ)を試験的にデジタル版として復刻してみました。

 背中を裁断し、単一ページにしたうえで、連続スキャナーにかけて画像として読み取ります。ここまでで約10分。これを各ページをチェックし、不都合の部分を再読み込みし一つのPDFに統合します。ここまでの操作で約50分、慣れればもっと早くできると思いますが、100ページ程度のものであれば、小一時間で完成します。かなり早いわけで、これなら希望が持てます。

 そんなわけで、【UTAの輪・関係図書と冊子】のコーナーに「04_InHouse_publications_部内出版物」というフォルダーを用意していますが、そのなかに、この冊子「老いと死」を格納しております。古い資料ですが、興味のある方は覗いてみてください。

 ただし、なんども申しますが、学びは、今が到達点です。これら古い資料は、今に至る、その時点のもので、いわば一里塚です。

 古い資料にふれるときは、そのことをくれぐれも忘れないようにお願いいたします。

| - | 16:17 | comments(0) | - |

「意識の流れ」の英訳

日本語版「意識の流れ」をアレンジした仮の表紙

「意識の流れ」英訳版を、デジタルブックとして【UTAの輪・関係図書と冊子】の「01_The_Core_Bbooks_学びの中心となる本」のフォルダーに格納いたしました。

 これは、かつてシカゴ在住の渡辺秀雄さんの訳したもので、「誠実な訳」として定評があり、この訳を渡辺さんからデータをいただき組版し直したものです。

 このほか、「続意識の流れ」も、同じ渡辺秀雄さんの訳で、現在、組み版作業にかかっております。

 この2冊に手を付けた以上、「意識の転回」ということになりますが、これについては、その抄訳を、現在、大槻洋三さんがボランティアで手がけてくれているほか、牧村市太郎さんの訳もすでにあります。

 これによって、私たちの学びのコアとなる3冊の英訳が完結しますので、これを「ネクストパブリッシング」のシステムを利用し、必要な部数だけを印刷製本いたします。

 必要な部数とは、下記に選び出したアメリカの図書館30館に寄贈するために必要な冊数ということです。

 これを日本語版と共に、アメリカでのコロナ禍が一段落した頃を狙い寄贈に踏み切りたいと思っております。

 なお、装丁については、現在、日本語版の表紙を仮に使っておりますが、統一した表紙を使うべく検討中と言うところです。

 この紙版と平行して、UTAブックを含むデジタル版の図書・冊子(Aグループ=UTAブック、Bグループ=日本の地誌・人文地理、Cグループ=日本の自然環境、Dグループ=日本の動物・昆虫、Eグループ=日本の児童書、Fグループ=日本の文化・伝統、Gグループ=日本の歴史・民俗、Hグループ=日本のエッセイ・小説、Iグループ=死についての出版物、Jグループ=日本の教育、Kグループ=その他)のデータベース構築も進行中で、ここ2年以内に完成させたいと思っておりますすべてを網羅するのは無理かも知れませんが、たとえ一部であっても、来世、来来世、日本ってこんな国だったと分かってもらえるような、またUTAブックの本が、困難な転生の中で一筋の希望を、未来の自分に、未来の仲間に投げかけられたらと、マジで思っているのです。

 ※日本がなくなることを前提としての、小さくて大きいプロジェクトです。「愚公、山を移す」の心意気で取り組んでおりますが、本当にこんな話、世間では笑いものでしかありません。しかし、当の本人は、いたって本気で取り組んでおります。せめて、この学びの皆様だけでも、よろしくご理解いただけますよう、お願いいたします(笑)。

 

今までのリサーチの中で、ここには置いてほしいと思うアメリカの図書館です。

1/County of Los Angeles Public Library/"7400 E. Imperial Highway, Downey, CA 90242 USA"

2/Masao W.Satow Library/"14433 S.Crenshaw Blvd. Gardena,CA 90249 USA"

3/Gardena Mayme Dear Library/"1731 Q.Gardena Blvd.Gardena,CA90247 USA"

4/The Japanese-American Society of New Jersey/"304 Main st.,2nd Floor, Fort Lee, NJ07024"

5/Columbia University Library/"116th St & Broadway, New York, NY 10027"

6/New York Public Library/"135 East 46th Street, New York, NY, 10017 USA"

7/Fort Lee Public Library/"320 Main St. Fort Lee, NJ 07024 USA"

8/Little Tokyo Branch Library/"203 S Los Angeles St, Los Angeles, CA"

9/"University of California, Berkeley Library"/"Berkeley, CA, 94720-1500 U.S.A."

10/Los Angeles Public Library/"630 W. 5th Street, Los Angeles, CA 90071 USA"

11/Long Beach Public Library/"101 Pacific Ave. Long Beach, CA 90822 USA"

12/Oakland Public Library/"125 14th St. Oakland, CA  94612 USA "

13/Palo Alto Public Library/"270 Forest Ave. Palo Alto, CA 94301 USA"

14/Pasadena Public Library/"285 East Walnut Street, Pasadena, CA 91101 USA"

15/Orange County Public Library/"1501 East Saint Andrew Place, Santa Ana, CA 92705 USA"

16/"Torrance Public Library, Katy Geissert Civic Center Library"/"3301 Torrance Blvd. Torrance, CA  90503 USA"

17/Albany Public Library/"161 Washington Ave. Albany, NY 12210 USA"

18/Brooklyn Public Library/"10 Grand Army Plaza, Brooklyn, NY 11238 USA"

19/Queens Borough Public Library/"89-11 Merrick Blvd. Jamaica, NY 11432 USA"

20/Edgewater Public Library/"49 Hudson Av. Edgewater, NJ 07020 USA"

21/Elizabeth Public Library/"11 South Broad Street, Elizabeth, NJ 07202 USA "

22/Englewood Public Library/"31 Engle St. Englewood, NJ 07631 USA"

23/Jersey City Free Public Library/"472 Jersey Avenue, Jersey City, NJ 07302"

24/Newark Public Library/"5 Washington St. Newark, NJ 07101-0630 USA"

25/Princeton Public Library/"65 Witherspoon St. Princeton, NJ 08542 USA"

26/Boston Public library/"700 Boylston St., Boston, MA 02116 USA"

27/Cambridge Public Library/"449 Broadway, Cambridge, MA 02138 USA"

28/Japanese American Cultural & Community Center/"244 SOUTH SAN PEDRO STREET,LOS ANGELES ACA 90012 USA"

29/The Millicent Library/"45 Center St, Fairhaven, MA 02719 USA"

30/松風荘/Lansdowne Dr &, Horticultural Dr, Philadelphia, PA 19131 USA

| - | 17:03 | comments(0) | - |

「意識の流れ」からのメッセージ機”元

 志摩の友人が、「意識の流れからのメッセージ」機銑検◆屬△覆燭琉媼韻任呂△蠅泙擦鵑、参考にしてください」機銑検◆岾砲らのメッセージ」機銑検◆峭嶇箪検廝院腺粥◆崟気靴も堊曚鬚靴泙靴腓Α廰機銑検◆嵎譴糧疹福廖計21冊をテキストデータに打ち込んだものを送ってくれました。

 本当に、学びの友人とはありがたいものです。

 早速、このテキストデータを使って、「意識の流れ」からのメッセージ 気髻元の冊子の形に復元してみました。

 出来上がったものは、グーグルドライブの【UTAの輪・関係図書と冊子】に追加しておきます。

 この「意識の流れ」からのメッセージ 気蓮▲┘襯薀鵐謄の光セミナーが終了した下呂セミナーに合わせて発行されたもので、「意識の流れ」改訂版の発行にも触れられており、忘れがたい冊子です。

 

 その【一二四】に次のようなメッセージが掲げられてありました。

「確かに今年でセミナーは終了、ひとつの区切りです。区切りというだけで、私自身、最後ということにはこだわらない、淡々と流していきます。それよりも私の中で、これからもずっとセミナーが続いていく、正真正銘アルバートと自分、自分と自分の時間と空間の中で、どのように歩んでいくか、喜びと幸せが広がっています。
 自分を真摯に見つめていく、その厳しさは優しさです。自分自身の優しさです。その自分としっかりと向かい合って、これからの時間を過ごしていくことを自分に思っています。これまでのセミナーをそのように過ごしてきました。十二月の下呂セミナーも、私には真剣勝負です。決してお遊びではありません。
 セミナーは終わりますが、すでにご承知のように「意識の流れーアルバートとともにー」の改訂版が十二月初旬に発刊されます。一人でも多くの方の手に渡り、読んでいただける機会を設けてもらえたことが嬉しいです。分かる、分からないはいい、肉を通して触れてもらえればという思いは、変わりません。また、それぞれのプログラムを経て必ず出会いましょうという思いも変わらずにあります。
 私は私の中で誠実に生きていくだけです。アルバートが見えた私は幸せ者だと、ふっと目を閉じればその思いに触れます。心から沸き起こってくる思いは、ただアルバートです。」

 

 

 

 

| - | 15:55 | comments(0) | - |

新刊が届きました! &「あなたの意識ですその後vol.2」も9月に送らせていただきます

本日、新刊が届きました。「あなたの意識です その後」vol.1vol.2、いい感じに仕上がっています。頁数が多いですが、パッと開いた箇所や目に留まった箇所を読んでいただいてもいいと思います。パラパラめくるだけでも伝わってくるものがあって嬉しいです。皆さんのご協力ありがとうございました。

 

 

◇(変更)「あなたの意識ですその後vol.2」も9月に送らせていただきます

 

送付に当たって、一点変更があります。

今回、320ページの冊子ということで、下記の新刊3冊を同時に送った場合、宅急便になってしまう(送料が高くなってしまう)という懸念があり、vol.1を9月、vol.2を10月と分けて発行させていただく予定でした。ですが届いてみると「あなたの意識ですその後」は1冊が約1.5センチだったため、3冊同時に普通便で送れることになりました。

新刊1冊ずつ(計3冊)の方は普通便で行きますが、2冊ずつ予約いただいている方や何冊かプラスでご注文いただいている場合は、宅急便になります。(宅急便の方はその分早く着きます)ご了承ください。

 

 

◇ZOOMウェビナー について

 

以前、お知らせに書かせていただいた内容になりますが、今週土曜日(19日)の14時からの「ともに瞑想をしましょうLIVE」ZOOMウェビナーは、「あなたの意識です その後」vol.1vol.2新刊発売に際して、原稿応募者の中から、塩川さんに任意に選んでいただいた視聴者の方に前に出てもらい、皆さんを代表して異語での瞑想を行ってもらう予定です。

 

地域差もあると思いますのでお届けできるか分かりませんが、せっかくなので、新刊のお届けがなんとか土曜日に間に合えばということで、現在、早急に発送準備中です。(間に合わなかったらすみません。)お届けまで、もう少しお待ちいただけたらと思います。(朝日/記)

 

 

| 新刊情報 | 15:26 | comments(0) | - |

「肉体細胞」原稿へのご協力ありがとうございます。

「肉体細胞の思い(仮)」についての原稿にたくさんのご協力をいただきありがとうございます。

今回、108名の方から、原稿やお写真を送っていただきました。

 

送付いただいた方には、受け取りましたという内容のメールを送らせていただいております。お手数ですがご確認いただけたらと思います。

 

できましたら、お写真も一緒に掲載したいと考えております。カラーかモノクロかは未定ですが、原稿提出いただいた方でお写真を追加で送っていただける場合は、9月30日までにお願いいたします。

(送り先メールアドレスは、genkou@uta-book.com です。※お名前を明記してください )

 

冊子は、12月に発売予定です。たくさんのご協力ありがとうございました。(朝日/記)

| 原稿募集 | 14:09 | comments(0) | - |

なぜ古い資料を集めるのか?

以前、この学びに関する図書や冊子の一覧を掲載しましたが、冊子「母を思う、神を思う」の欠号分の一部を、岐阜のユーザーの方が送ってくださいました。

送っていただいたのは、

1997年の13号、1999年の26号〜2000年の28号、2000年の30号〜32号の7冊です。

これで「母を思う、神を思う」の欠号は「29号」のみとなりました。

本当にありがとうございました。

「心の学び」自体は進化し続けて今日に至っており、今更、古い資料をと思われる向きもあります。

これには、どんな道筋で学んできたのかを資料で残しておくという意味合いもありますが、もう一つ、当時、学んでいる私たちが、どんなことを思っていたのか、どう受け取っていたのかを知る生の資料なわけです。

たとえば、僕が取材と称して、今の時点で、皆さんに当時のことをお聞きしても、記憶がぼやけていたり、今の思いを投影させて当時を語る、つまり「今」というフィルター越しに語っていただくことになるわけです。

「Taike Tomekichi」という出版物を編集するに当たって、当時のことは当時に語ってもらったものを見るのが一番な訳です。そういう意味合いもあって、古い資料にこだわっております。

これからもよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

 

| 連絡事項 | 10:48 | comments(0) | - |

UTAブック・動画と音声のページ2018年

今現在、「動画と音声のページ」は2020年と2019年がアップされております。以前公開されていました2018年と2017年の一部は、ユーチューブで限定公開されていたため閲覧不能の状態になっておりました。

現在、手分けして修復中ですが、2018年の8月〜12月までが復旧できましたので、閲覧可能となりました。

7月以前につきましても、随時、修復していき、修復できたものから公開して参りますので、よろしくお願いいたします。

 

 

| 連絡事項 | 10:26 | comments(0) | - |

「続 意識の流れ」のポッドキャスト

2016年10月から2017年12月にかけて、塩川香世さんに著書の朗読をしていただき、ポッドキャストで配信させていただいておりました。

「愛と死の真実」「続 意識の流れ」「意識の流れ 増補改訂版」「宇宙の風」「母なる宇宙とともに」「磁場と反転」

これらの著書の朗読については、現在も、「ともに瞑想を」のページまたはポッドキャストで聞いていただけるようになっています。

 

この中で「続 意識の流れー最後は瞑想です 正しい瞑想をしましょうー」(2016.12)の朗読の際の塩川さんのコメントと最後の瞑想の内容について、学びの友から送っていただき、朗読ページの文章に下記のような形で追加させていただいております。機会がありましたら本と一緒にご活用ください。

 

「続 意識の流れー最後は瞑想です 正しい瞑想をしましょうー」は、「ともに瞑想を」ポッドキャストの第35回から始まっていますので、参考に、第35回のリンクを記載させていただきます。(朝日/記)

 

 

※ページのデザインを子猫から変更して、文字を少し大きくしています。

 

| Podcast | 14:41 | comments(0) | - |

「UTAの輪・関係図書・冊子」のデジタル・ライブラリー

グーグルドライブに、テスト的に「UTAの輪・関係図書・冊子」のデジタル・ライブラリーを開設しております。現在、デジタル化できたものを保管しておりますので、試しに覗いてみてください。

 

上記のような案内をいたしましたが、試験的に制限をかけていたのですが、問い合わせが多いため、リンクを知っている方はどなたでもアクセスできるように設定を変更いたしました。

現在、作業は進行中ですので、毎回、内容は追加されていると思います。このため、収録フォルダーも変更があるかもしれませんが、ご了承ください。

| - | 15:16 | comments(0) | - |

250年後に学びの資料を残したいという、お馬鹿で大真面目なおはなし!

 台風10号はようやく日本列島から離れていってくれました。「台風一過、澄み渡るような青空」とはいえ、まだまだ大雨に警戒が必要だとか・・・。

 幸い、UTAブックのある奈良広陵町は、風がやや強い程度で被害もなく、ホッと一安心というところですが、皆様のところはいかがでしょうか。被害の大きな地域にお住まいの方もおられると思います。くれぐれも身の安全を第一に考えてください。

 ・・・なにか防災対策委員会みたいな前振りになってしまいましたが、話の内容は、関係があると言えばあるような資料整理のことであります。

「Taike Tomekichi」の発行準備のため、時系列でセミナーや関係事項の整理、冊子・出版物の整理を、現在進めており、皆様の協力のおかげで、セミナーを中心とした学びの流れや、刊行物・印刷物での資料はほぼ集まったように思います。なかでも刊行物や印刷物資料は、ただ出版の材料とするだけでなく、せっかく、こうして集まったからにはデータとして保存するのが、集めた者の責任だと思います。日本がなくなったあとも、これら資料がニューヨークやニュージャージーの図書館、あるいはフィラデルフィアの日米協会図書室に残り、これら資料との出会いが、250年後、大きな役割を果たすかもしれません。

 少なくとも、僕自身はそう信じて動いているわけです。

 そこで、「UTAの輪関係資料」以外にも、日本の民俗、日本の歴史、日本の子供文化、日本の動物・自然等々の出版物資料をデジタルデータとして残そうと、自遊空間ゼロに(ポケットマネーなもので)本当に零細ですが、「デジタル化推進コーナー」なるものを設置いたしました。

 たいそうに聞こえますが、要は「本」を解体するための大型裁断機、ばらしたページを連続読み取りできるドキュメントスキャナー、大型刊行物読み込みのためのA3スキャナー、ばらすことのできない稀覯書のための非破壊スキャナー、それにパソコンが設置されているだけの話であります。

 機材はそろったものの人手不足。お近くにお越しの節は、ぜひお立ち寄りいただき、たとえ一冊でもデジタル化のお手伝いをいただけると、この上なき喜びであります。

 

 グーグルドライブに、テスト的に「UTAの輪・関係図書・冊子」のデジタル・ライブラリーを開設しております。現在、デジタル化できたものを保管しておりますので、試しに覗いてみてください。

 

自遊空間ゼロに設置されたデジタル化推進コーナー
左は大型本読み込みのためのA3スキャナー、右は厚手の本も一気に背中を裁断できる断裁機。
左は裁断できない貴重書を読み込む非破壊スキャナー、右は連続読み込み用スキャナー

 

| - | 09:53 | comments(0) | - |

新刊のご予約ありがとうございます。

新刊「あなたの意識です その後」vol.1、vol.2、「UTAの輪の中でともに学ぼう vol.21」について、予約を締め切らせていただきました。たくさんのご予約ありがとうございます。

 

当初の予想を超えるご予約をいただき、「あなたの意識です その後」vol.1、vol.2については、各1,000円(税込)で販売させていただけることになりました。

 

9月下旬ごろに、「あなたの意識です その後 vol.1」「UTAの輪の中でともに学ぼう vol.21」

10月に「あなたの意識です その後 vol2」をお届け予定です。(朝日/記)

 

(追記)まだ予約は可能です。ご必要な方はお早めにご連絡いただけたらと思います。

 

 

 

| 新刊情報 | 11:51 | comments(0) | - |

「反省と瞑想の時間です」の資料と音声をアップしました。

「UTAブック映像と音声のページ」にある「1998年から2001年の講話」の動画を復旧しました。

「少人数セミナー講話」などにおいても同じ現象が起きておりますので、順次復旧させていただきます。

ご連絡をくれた皆様、ありがとうございました。

 

それとは別に「反省と瞑想の時間です」の資料と音声をメンバーズ会員の方から提供して頂きましたので、「フレッツ・あずけーる」へ保管させていただきます。いつもありがとうございます。

05_読者から寄せられた瞑想用資料

  ↓

07_その他の音声

  ↓

反省と瞑想の時間です

このファイルに保管しております。

皆さんも、ぜひ活用してください。

 

紘次/記

 

| メンバーズページ | 16:35 | comments(0) | - |

UTAブックの定期購入について

新刊の予約時期ということもあり、UTAブックの定期購入についてお問い合わせをいただきます。

「定期購入には、『あなたの意識ですその後』は送られてきますか?」

「セミナーがないので定期購入に入りたいけれど、どうしたらいいですか?」等々。

 

UTAブックの定期購入は、新しい教材(書籍、冊子、セミナーDVD、音訳CDなど)が発売されたら、その都度郵送で送らせていただくというものです。新刊を早く手にされたい方や、買い忘れをなくしたいという方に便利です。

 

現在、下記の6種類があります。下記に申し込んでいただいている方は、新刊発売時に申し込まれている種類の教材の予約は必要ありません。

【種類】  【教材】

定期購入1 UTAブックから発売する教材すべて(書籍、冊子、セミナーDVD、音訳CD)

定期購入2 書籍と冊子のみ

定期購入3 冊子のみ 

定期購入4 スカイプ(ZOOM)瞑想会DVDのみ

定期購入5 UTAの輪のセミナーDVDのみ

定期購入6 音訳CD(本の朗読やライブ配信のCD)のみ

 

※「書籍」は会員以外の方もAmazonなどで購入できるもの、「冊子」は会員向けに作られ、一般向けに販売のないものを指します。

 

セミナーがないこともあり、現在は定期購入4〜6については、発売予定はありません。

また、定期購入2については、一般向けの書籍の発売が以前に比べて少ないため、ほぼ冊子のみとなっています。

 

今回の「あなたの意識です その後vol.1」「vol.2」は、会員向けの冊子(新刊)です。

定期購入1、2、3の方は定期購入に入っていますので、申し込み不要です。

 

定期購入は下記よりお申し込みいただけます。

https://uta-book-com.prm-ssl.jp/teiki.html

 

現在、定期購入に登録されている方も、解除される場合や種類変更などがありましたら、お気軽にご連絡ください。

いつもありがとうございます。よろしくお願いいたします。(朝日/記)

 

UTAブック Tel.0745-55-8525 メール utabook250@gmail.com

 

| 連絡事項 | 12:11 | comments(0) | - |

1985年〜2015年までの出版物・冊子 補遺の補遺

 

今日(2020年9月3日)、東京の学びの友から送られてきた図書と冊子類。

これで「エルメッセージ」と「母を思う、神を思う」以外は、すべての図書、冊子がそろったことになります。

重複したものも多くありますが、これはデジタル化の過程で断裁処理をしページ単位に分割した上で、ドキュメントスキャナーにかけますので、同じ冊子が複数あることは大変ありがたいのです。

ただ、これから送ってやろうという奇特な方がございましたら、上記2種類以外はすべてそろっていますので、ご心配なさらないでください。

ちなみに、「エルメッセージ」は、30〜31号、37号、40号、45号、48号、54号、57〜58号、60号が欠けています。

「母を思う、神を思う」は、10〜13号、26〜32号が欠けています。

以上、ご連絡をかねて、お礼を申し上げます。ありがとうございました。

| - | 10:32 | comments(0) | - |

明日の死ぬまで瞑想会

明日の死ぬまで瞑想会ですが、近藤さんご夫妻にリクエストいただいた「生まれてくること/死ぬこと」というテーマで進めさせていただく予定です。

 

今回、瞑想の中で、書籍「続 意識の流れ」〜第2章 人はなぜ生まれてくるのか〜の朗読を聞く箇所があります。できれば、本を手にし、文字を目で追いながら聞いていただけたらと考えています。

可能な範囲で結構ですので、参加予定の方は、下記の書籍をお手元にご用意いただけますでしょうか。

よろしくお願いいたします。(朝日/記)

 

 

書籍名:

「続 意識の流れ〜最後は瞑想です 正しい瞑想をしましょう」増補改訂版

(2016年12月発行)

 

第2章 人はなぜ生まれてくるのか

 

※朗読は、43ページ後ろから2行目

「なぜ、あなたは生まれてきたのか。もう、お分かりですね。」から始まります。

 

43ページを開けるように、何か挟んでおいていただけたら分かりやすいと思います。

 

(ご意見をいただき、画像を追加しました)

  ◇

| UTAブック・メンバーズ | 09:52 | comments(0) | - |

「1985年〜2015年までの出版物・冊子一覧」について補筆

「1985年〜2015年までの出版物・冊子一覧」について、昨日、アップするや、いろいろと情報を寄せていただいております。

いただいた情報をもとに、この記事は書き換えていきますが、今日現在、以下の二行を書き加えました。

1993年9月15日 冊子「母の反省」 B6判160ページ

1993年11月30日 冊子「母の反省」新訂 B6判164ページ

 

※これについては、2冊の冊子をご恵贈いただいておりながら、単純ミスでリストから抜け落ちておりました。

申し訳ありません。お気づきの点がございましたら、ご連絡ください。

| - | 09:43 | comments(0) | - |

お知らせ記事3カ月(6月〜8月)のランキング

お遊びで、最近3カ月(6月〜8月まで)のお知らせ記事ランキングを発表します。

 

ジュゲムブログの管理者サイトから転載
| - | 08:12 | comments(0) | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM