インターネットを利用した瞑想会は

 今回の台風24号がセミナー開催日と重なり、たくさんの方が色々と工夫されて参加された様子を、いろんな方からお聞きさせていただきました。ブックが主催していたときも橿原で台風直撃という事態に遭遇し頭を悩ませたことを思い出しました。
 塩川香世さんも言っておられるように、これからどんな事態が起こってきてセミナーに参加できないということが起こってくるかも知れません。しかし、少なくともインターネットを利用したセミナーの形態は、「平和な時代」から「混乱した時代」へ移っていくなかで、残された数少ない勉強の手段でもあるように思います。
 かといってインターネットが万全だとは思いません。たとえば電気がなければ意味がないし、通信がつながらなければ、これもまた意味をなしません。しかし交通手段が絶たれた状況とかを想定したとき、ネットを利用したセミナーは、運用の仕方により、ある程度混乱した状況の中でも大きな力になるように思えてなりません。
 アイフォーンやタブレット型の携帯が一台あれば、贅沢を言わなければ、塩川さんとつないで瞑想会を開くことができるのです。
 このためには地域の方がネットの扱いに慣れていただくこと、これが非常に大きなポイントになってくると思います。
 今は、こんな話をしても、実感がないかも知れませんし、そんな事態になってもセミナーをやるのかと言われれば、塩川香世さんが発信していただけるかぎり、状況が許される範囲の中で中継していきたいというのが、UTAブックの希望であり仕事だと思っています。

 これにつきましては、時期をみて、ぜひインターネットを利用した瞑想会なりセミナーなりの運用について、勉強会を開催したいと思っています。その節は、ぜひ参加、視聴のほどよろしくお願いいたします。(桐生敏明)

| スカイプ瞑想会 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) |

ロサンゼルススカイプ瞑想会について

8月に塩川香世さんとロスの方を繋いで、ロサンゼルススカイプ瞑想会を開催予定です。

 

日時:8月12日(日)AM9時〜9時40分(日本時間)

(ロス現地時間では、8月11日(土)PM5時〜5時40分)

 

今回は、初めての試みで、UTAブックは現地に行かずに奈良からサポートし、ロスの方で機材などセッティングしていただきます。

 

当日は、奈良からユーチューブで中継させていただけるように準備中です。

中継のURLは、ともに瞑想会と同じく、直前にこちらのお知らせにアップさせていただきます。

 

ただし、その時の状況で、うまくできない可能性もありますので、そのときはごめんなさい!(朝日/記)

| スカイプ瞑想会 | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

第1回地域合同スカイプ瞑想会の音声および動画データ

 今日は悪天候の中、大宝クボホールに近畿の地域代表の方およびネット参加で沖縄の方にお集まりいただき、第1回地域合同スカイプ瞑想会が開かれました。折からの悪天候のため、一部の地域でお集まりいただくのが困難な方もございましたが、スタッフも含め30名以上の方が、塩川さんの指導で「ともに瞑想」の時間を持たせていただきました。塩川さん、お集まりいただいた皆さん、地域の幹事の皆さん、本当にありがとうございました。

 大宝クボホールで開かれました、このスカイプ瞑想会(1時間15分)の模様を音声とビデオでアップしております。

 音声は、ユーチューブの限定公開ページでお聞きください。なお、皆さんからお送りいただいた写真、今回は「花」の写真を、音声の背景画像に使わせていただいています。

http://uta-book.jugem.jp/?eid=1753

 動画につきましては、あずけーるの保管庫、「スカイプ瞑想会」のフォルダーに格納させていただいています。なお動画につきましては、音声の状態がよくなかったため、別録りしました音声をかぶせて使っておりますが、ネットの動画と、会場で録音した音声に多少の時間差があり、あわせたとき、最後のほうで音声と画像に若干のズレが出ております。ご容赦ください。

http://uta-book.com/members.html

 

| スカイプ瞑想会 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

地域合同スカイプ瞑想会

今日の地域合同スカイプ瞑想会は、大雨で欠席の方が5名。大宝ホールと沖縄の方とスタッフを合わせて36名での開催となりました。

始まる前、参加者の方から提案をいただいてみんなでひと言の自己紹介をしました。そして、Web参加の沖縄の方も一緒にふるさとの歌を歌ってからの塩川さんとのともに瞑想の時間でした。

とても良い時間でした。塩川さんありがとうございました。雨の中お越しいただいた参加者の皆さん、連絡などご協力いただいた地域のお世話役の皆さんもありがとうございました。(朝日/記)
| スカイプ瞑想会 | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) |

本日の地域合同スカイプ瞑想会

本日15時から開催予定の
地域合同スカイプ瞑想会は、
予定通り開催します。

ただ、連日の大雨によって関西では電車の運転見合せや道路が通行止めとなっている地域があります。

参加者の方の自己判断となりますが、来れる方で開催したいと思いますので、くれぐれも無理のない範囲でお越しいただきますようお願いいたします。(難しいと感じられたら欠席してください)

※お手数ですが、欠席の場合は、utabook250@gmail.comまでご連絡をいただきますようよろしくお願いいたします。
※近鉄喜志駅からのバスは通常通り運行されています。

それでは、お越しになられる方はお気をつけてお集まりください!(朝日/記)
| スカイプ瞑想会 | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

はじめてのスカイプ反省瞑想会

2018年6月2日(土)、京都で初めてのスカイプ反省瞑想会が開かれました。
これはあくまでも京都の場合であって、こうしないといけないという訳ではありません。ただ、これから開かれる方のために、参考になればと、京都でのやり方をご紹介しておきます。


午後2時から、司会の方が、反省のテーマを配ります。これは4つのテーマを写真のように4枚の用紙(A4用紙を4等分した4枚の細長い紙)に印刷し、それをホッチキスで留めてあります。配られた時点では、一枚目のテーマのみが見ることができます。

 


 

∋焚颪諒が10分ごとに合図するので、合図するまでは最初のテーマについてノートを広げて反省し、決して2枚目3枚目をめくって、次のテーマを見ないよう指示されます。

 


 

5都の場合は、この後2部屋に分かれました。机の上にノートを広げて反省される部屋を用意されたようです。
もう一部屋はスカイプ瞑想会の会場となる部屋で、ここは音が外に漏れないようになっており、反省中、大声を出す可能性のある方はこの部屋で反省してくださいということです。

(※ただ2部屋に分かれる必要はありません。机も、「あれば便利」というだけで、なくて膝の上でということもOKな訳です。)

 


 

 

と疹覆始まると、10分ごとに進行の方が、「10分たったので、次の紙をめくり、そこに書かれてあるテーマで反省してください」と声をかけ、進行されていました。
こうして4つのテーマで40分の反省をし、休憩の後、午後3時からのスカイプ瞑想会に臨みます。

※以上が、京都で見学させていただいた反省会の様子です。最初動画でと思っていましたが、静止画と説明文で十分と思い、ブログで紹介させていただきました。

| スカイプ瞑想会 | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

京都スカイプ瞑想会の音声

昨日(2018年6月2日)、京都で開かれましたスカイプ瞑想会の音声をユーチューブに限定公開しております。塩川香世さんとの瞑想会は30分ですが、その前に40分の反省時間を持っています。10分ごとに4つのテーマで、それぞれノートを開いて書き出しました。久しぶりにノートを拡げて自分と向かいあうという作業をおこないましたが、「反省も結局は瞑想なんだ、ノートを拡げ書く瞑想」、そんな感想を持ちました。これからも個人でする「瞑想」に書く「反省」を加えていくことで、より「瞑想」が深く楽しいものになっていくような感じを持ちました。そんな自分と向かいあう時間(反省)を持ってから、いよいよ塩川香世さんとのスカイプ瞑想会にのぞむことになりました。

| スカイプ瞑想会 | 06:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

スカイプ瞑想会二巡目がスターとするに当たってお願い

いよいよ6月から、新しいスカイプ瞑想会が始まります。新しいスカイプ瞑想会からは「有料」になっておりますが、その辺の事情について、少しお話しさせてください。

田池先生が亡くなり、その後、塩川香世さんと地域の方々を繋ぎたいという目的、またUTAブックと地域を繋ぎたいという目的で「スカイプ瞑想会」がスタートしました。

これについては、UTAブックというより、僕(桐生敏明)個人の仕事と思ってかからせていただきました。

幸いわずかですが年金もいただいており、これを運営資金に充ててスタートした次第です。

この間、地域の方の協力や、UTAブックのスタッフの応援もあって、2年がかりで全国一巡が達成でき、本当に感謝に堪えません。ありがとうございました。

ところで二巡目からは、個人の仕事としてではなく、UTAブックの仕事としてかからせていただきます。僕もめでたく70才になり高齢者の仲間入りを果たし、そろそろ若い方へバトンを渡す時期が来ているように思います。

これからは地方へブックの人間が行くことはなくなりますが、スカイプ瞑想会を支える機材の償却や諸々の費用を、該当地域の方々にご負担いただけるようお願いする次第です。

詳細については、ブックの担当者から案内があると思います。どうか、ご理解いただけますよう、重ねてお願いいたします。

(桐生敏明)

| スカイプ瞑想会 | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

UTAブック・スカイプ瞑想会2巡目について

6月から「UTAブック・スカイプ瞑想会」2巡目を開催予定です。

2巡目は、ともに瞑想をという趣旨で進めさせていただくことになっています。

 

内容もそうですが、1巡目から変更になっている部分があります。

 

大きな変更点としましては、(1)2巡目からは地域で行う瞑想会は、機材セッティングを含めて地域で運営していただくこと(2)参加費を1名500円いただくこと(3)新枠で「地域合同」という枠ができたことです。

※参加費に関しましては、スカイプ瞑想会に必要なノートパソコン、マイク&スピーカー、Webカメラなどの機材費にあてさせていただきたいと考えております。(詳しくは、桐生さんのほうからまた説明があります)

 

詳細は、下記ページをご確認ください。

 

◇ UTAブック・スカイプ瞑想会について

http://www.uta-book.com/renrakukai.html

 

◇ 日程についてはこちらから

http://www.uta-book.com/skype2016.html#web2

 

 

よろしくお願いいたします。(朝日/記)

| スカイプ瞑想会 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

反省を伴うスカイプ瞑想会について

いよいよ6月から新しいスカイプ瞑想会が始まります。
そのなかで反省を伴うスカイプ瞑想会がありますが、反省のテーマは各グループで決めていただけたらと思います。たとえば、

1.あなたは、神を祭り、祈ってきたことはないですか。
では、なぜ神を祭ってきたのでしょうか?
 あなたにとって「神」とは何だったのでしょうか。
2.あなたにとって「肉の思い」とは、どういう思いですか。
3.あなたは、なぜ肉体を持って、この世に出てきたのでしょうか。
4.あなたは、なぜ苦しむのでしょうか?
5.私たちは、常々「自己供養」という言葉を使いますが、自分とは誰のことでしょうか。
6.来世が信じられますか。あなたは来世をどのように理解していますか。
7.次元移行に向けてあなたの思いを書いてみてください。
8.アマテラスに向けて、あなたの思いを書いてみてください。
9.あなたが所属していた教団の教組に、どんな思いを向けていたか書き出してください。
10.あなたの中の闇の心を語ってみてください。
11.死後の自分を語ってみてください。
12.母の子宮の十月十日は、あなたにとってどういう時間でしたか。
13.あなたの中にあるお母さんへの怒りや不満を書き出してください。
14.今世あるいは過去世のお母さんが、あなたへ向ける思いを書いてみてください。
15.あなたにとって、田池留吉とは何だったのか、書き出してください。
16.田池留吉から、あなたへのメッセージを受けてみてください。
17.宇宙に向けて、あなたの思いを書き出してください。
18.アルバートに向けて、あなたの思いを書き出してください。
19.「私は愛です」と思ったとき、どんな思いが起こってきますか。
20.あなたの種水を手にとって見つめてください。どんな思いが起こってきましたか?
21.このセミナーに集うようになった経緯を書き出してみてください。そのとき使った心も忘れず書き出してください。

これはあくまで「例」であります。
適当なテーマ4つぐらいをグループで決め、そのテーマで、10分ごとに、グループ全員が各自そのテーマで反省していく。反省が終わった時点で、休憩の後、塩川香世さんにスカイプで参加していただき、ともに瞑想の時間を持つという風にしてみたいと思っています。

今、参加者名簿を二週間前に塩川さんに送るようになっていますが、その際、各グループで決められた反省のテーマも塩川さんに送りたいと思いますので、名簿共々、UTAブックへ送っていただくようにお願いする次第です。

なお、新しい方が参加されるようであれば、その方たちには、「私たちは、なぜ、生まれてきたのでしょうか?」巻末にあげたような、母親の反省、他力の反省をされるよう指導いただければと思います。

具体的な反省テーマについて問い合わせをいただきましたので、あくまで「例」として紹介させていただきました。
「母親の反省」にしろ「他力の反省」にしろ、工夫次第でいろんな切り口があると思いますので、いろいろと試していただければと思います。
瞑想前に、反省という作業を持つことで、その後の瞑想も、また違ったものになるのではと思ったりしています。
(桐生敏明)

| スカイプ瞑想会 | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM