先ほど、3月28日の第4回ともに瞑想会の参加者の方宛に、【3月28日、第4回「ともに瞑想会」のご案内】という件名でメールを送らせていただきました。

 

3月28日のともに瞑想会に応募された方は、メールをご確認ください。

メールが届いていない場合は、申し訳ありませんが、今回のともに瞑想会には漏れてしまったということになります。ご了承ください。

(東京会場の方にも送付していますが、応募された方全員参加していただけます)

 

3月のともに瞑想会までは、子育てや介護、仕事で参加できない方を優先させていただいております。優先枠の方をピックアップさせていただき、残りの枠は、セミナーの参加回数が少ない方の中で抽選(田池先生と使わせていただいていたガラガラ抽選です)させていただきました。

 

 

参加決定のメールが届いている方については、当日会場までお越しいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。(朝日/記)

昨日、第3回のともに瞑想会が開催されました。

参加者の皆さんのご協力により、準備も撤収もとてもスムーズに進めることができました。

 

参考までに、会場の敷物はこんな感じで敷いています。

 

(1)滑り止めシート9枚を並べる

※この時、シートとシートの間は15cmです。

 

(2)滑り止めシートの端を、養生テープで軽く固定する

 

(3)敷き物9枚を滑り止めシートの上に敷く

 

(4)敷き物の隙間に足が引っかからないように、敷き物と敷き物を養生テープで固定する

 

 

このような形で参加者の方に設営や受付にご協力いただいております。

ご協力ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。(朝日/記)

2月24日のともに瞑想会について、お問い合わせをいただきましたのでご連絡させていただきます。

 

主催者である塩川香世さんとも相談させていただきましたが、2月24日のともに瞑想会は開催します。

ただし、コロナウィルスやインフルエンザなどの流行もありますので、参加に関しては自己選択、判断の上、ご参加ください。

無理な参加はされないようにお願いいたします。お手伝いをお願いしている方につきましても同様です。皆さま、ご自身で判断をお願いいたします。

 

いろいろとありますが、参加すると判断された方は、喜んでともに瞑想する時間と空間を共有していけたらと思います。

 

なお、万が一、欠席される場合は、必ずUTAブックまでご連絡をお願いいたします。

Tel.0745-55-8525 メール tomonimeisou@gmail.com

15時になりましたので、3月28日のともに瞑想会の応募を締め切らせていただきました。

 

大阪会場は、197名

東京会場は、54名

の方からご応募いただきました。

たくさんのご応募ありがとうございました。

 

参加者の方には、2月25日以降にメールにてご連絡させていただきます。

メールを送付後、お知らせにその旨を書かせていただきますので、UTAブックの連絡事項をご確認いただきますようよろしくお願いいたします。(朝日/記)

 

第4回ともに瞑想会の参加者を募集します。

今回は、塩川香世さんの参加される大阪会場と東京会場の2カ所を繋いでの開催となります。

 

大阪会場70名、東京会場60名の募集させていただきます。

 

大阪会場を希望の方は、(1)

東京会場をご希望の方は、(2)

をご確認の上、ご応募ください。

※会場によってフォームが異なりますのでご注意ください。

※お一人ずつお申し込みをお願いいたします。

 

(1)大阪会場、募集要項

 

1、開催日時  2020年3月28日(土)午後2時〜4時

2、開催場所  クレオ大阪中央 4階セミナーホール

        大阪府大阪市天王寺区上汐5丁目6−25

        (地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」1・2番出口から北東へ徒歩3分)

3、募集人員  70名(元ともに瞑想会メンバーの方を除いた人数です)

4、募集資格  特にありませんが、普段参加しにくい方を優先します。地域の制限もありませんが、無理のない範囲でお願いします。

5、参加費用  200円

6、応募方法  下記の応募フォームからお申し込みください。 

  「第4回ともに瞑想会」大阪会場 応募フォーム

  https://uta-book-com.prm-ssl.jp/tomonimeiso.html

 

※3月28日は、保育室が予約できなかったため、申し訳ありませんが保育室は利用できません。

 

 

(2)東京会場、募集要項

※大阪会場とズームで繋いでの開催となります。

 

1、開催日時  2020年3月28日(土)午後2時〜4時

2、開催場所  BASS ON TOP 16st

        東京都新宿区高田馬場1-33-14 サンフラワービル2F (JR高田馬場駅から徒歩3分)

3、募集人員  60名

4、募集資格  特にありませんが、普段参加しにくい方を優先します。地域の制限もありませんが、無理のない範囲でお願いします。

5、参加費用  500円

6、応募方法  下記の応募フォームからお申し込みください。 

  「第4回ともに瞑想会」東京会場 応募フォーム

  https://uta-book-com.prm-ssl.jp/tomonimeisou02.html

 

 

※新しい方の参加については、下記ページから十分予習をしていただきご参集いただけるようお願いいたします。

http://uta-book.com/about_death/query.html

※応募者多数となった場合は、普段セミナーに参加しにくい方を優先させていただき、残った枠は抽選とさせていただきます。

 

応募締切は、【2020年2月19日(水)午後3時】とさせていただきます。

 

(※次回、4/25(土)に予定しております第5回ともに瞑想会は、大阪会場と東京会場で募集させていただく予定となっております。)

 

ご不明点等ございましたら、UTAブックまでお問い合わせください。

 

UTAブック Tel.0745-55-8525 メール:tomonimeisou@gmail.com

よろしくお願いいたします。(朝日/記)

 

2020年1月27日、志摩セミナーの二日目の午後の部で、塩川香世さんから「ともに瞑想会」について、以下のようなお話がありましたので、採録させていただきました。

まだ先の話なんですけれど、去年の12月暮から上町台地のほうで「ともに瞑想会」という瞑想の時間を持たせていただいています。2回が終わりました。

……で、今は介護とか仕事とか子育てで、宿泊を伴うセミナーに参加しにくい方とか、優先枠とか、色々ございます。旧来の「ともに瞑想会」のメンバーとか、色々な人がいらっしゃいます。その中で抽選とか、人数の関係でさせていただいているんですけど、この「ともに瞑想会」、私の中で一つの方向性を示していく一つのきっかけにしたいと思いますので、これから「ともに瞑想会」に出席していただく方を選別していきたいと思います。

区別差別ではないんですけれど、ともに本当に、この道をただひたすらまっすぐに、純粋にこの道、愛へ帰る道をただひたすら、今世の肉体をいただいて学びに集った、このきっかけ、千載一遇のチャンスを、本当に活かしていこうと心の底から思える仲間と共に、「ともに瞑想会」の中で勉強していきたいという思いが、私の中でつのっております。

どういう形になるか、まだ、検討中で、きっちりした形では示されませんが、もう、そういう風な時期に来ていると思います。

田池先生と学ばせていただいた人、20年、30年、40年……もうそろそろいいお歳です。本当に死を間近にしておられます。今世のあと残された時間、本当に自分が生まれてきた、今世、肉体を持たせていただいたこと、学びにつながったこと、本当に、心から心から「ありがとう」と言って時間を閉じていこうと、真剣に思われる方と共に学んでいきたいというのが「私の本音」です。

数はいらないんです。今回も300名を切る人数なんですけれど、私の中では10名あればいいし、100名あれば御の字なんです。本当に、本当に「欲」ではなくて、ただただひたすらひたすら「愛へ帰る道」を一歩、一歩、着実に歩んでいこうという方、そういう学びの友と「ともに瞑想」して、今世の時間を過ごしていきたいというか、終わっていきたいという思いがありますので、これから「ともに瞑想会」、色々な方向に行くと思いますけれど、「ともに瞑想会」のほうに私の軸足を向けていこうと、今、思っております。

まあ。「地域の学ぶ場」がしっかりある方は、そこでしっかりと学んでいってください。どこに集まろうが、「ただ一本の道」を歩いていくんだという方向に心を定めれば、もう行先は同じです。目指す先は同じです。ただ「欲の思い」だけで集うというか、もうそういう時期ではございません。残り少ない時間です。この時間、肉持つ時間を大切にしていこうと、心の底から思っております。(桐生敏明 採録)

原音は以下に収録しております。

http://uta-book3.seesaa.net/article/473305525.html

 

 「ともに瞑想会」の会場設営や事務全般について、UTAブックがお手伝いさせていただいていますが、次回2月からはメイン会場は大阪。第二会場は大阪でなく北九州、3月には東京が第二会場となっています。「『ともに瞑想会』に遠方の方も参加していただけたらうれしい」と、このように第2会場が他地域になっていく方向で動いております。

 その際、たとえば「北九州でやるので、北九州の方優先」「東京でやるときは東京地区の方優先」とはなりません。

 開催する会場が北九州であり、東京ということです。

 開催地が北九州であっても、無理をしない範囲で、広島の方でも、山口の方でも、宮崎の方でも申し込んでいただいて結構です。同じように、東京で開催するときは、神奈川の方も、茨城の方も、埼玉の方も、極端に言えば新潟の方も申し込んでいただいて結構なわけです。あくまで無理をしない範囲であれば、どの地域の方が申し込んでいただいてもかまわないということです。

 その人選については、その地域の方が決めるのでなく、恐縮ですが「ともに瞑想会」の事務局で決めさせていただいています。人選の基準は、主催者の塩川香世さんが、「今回は50歳未満の方」「今回は、この年代の方」とか、基準を決められた場合は別として、まず普段の場合は「セミナーに参加したいのに、子育てとか、介護とか、仕事が休めないとか、何らかの理由で宿泊セミナーに参加しにくくなっている方」を優先にし、それ以外の方は抽選で決めさせていただいております。

 地域を第二会場にする場合、その地域の方には、会場の手配、会場設営やZOOMのためのパソコン等のお世話をしていただかなければならないのですが、そんなスタッフの方は別として、参加者はこちらで決めさせていただき、決まり次第、塩川香世さんと、お世話をしていただくスタッフの方に「参加者名簿」を送らせていただくというスタイルです。

 どこまでこのスタイルで行くか未定ですが、ここしばらくは、この形で運営させていただきたく、大阪でする場合も、地域でする場合も、ともにたくさんの方にお世話していただかないと、この「ともに瞑想会」は成り立ちません。

 末永く「ともに瞑想会」が続けられますよう、よろしくご協力のほどをお願いいたします。(桐生敏明)

先ほど、2月24日の「第3回ともに瞑想会」(大阪会場)の参加者の方宛にメールを送らせていただきました。

 

「第3回ともに瞑想会」(大阪会場)に応募していただいた方は、メールの確認をお願いいたします。

 

※北九州会場の方は応募いただいた方皆さんご参加いただけます。案内メールは少しお待ちください。

 

メールが届いていない方は、申し訳ありませんが2月のともに瞑想会にはご参加いただけません。

今後も継続していただけるということですので、また機会がありましたらご応募いただけたらと思いますのでよろしくお願いいたします。(朝日/記)

2月24日のともに瞑想会の応募を締め切りました。

 

大阪会場は190名、北九州会場は17名の方が応募されていました。

 

大阪会場は応募者全員の方に参加していただくことができず申し訳ありませんが、参加者の方には後日メールを送らせていただきます。

 

たくさんのご応募ありがとうございました。(朝日/記)

2020年1月13日(成人の日)、たくさんの方にご協力いただき、塩川香世さん主催の「ともに瞑想会」が無事終了しました。

UTAブックも、事務局としてボランティアで参加させていただいておりますが、会場設営から機材設営、受付業務と、年齢に関係なくたくさんの方に手伝っていただき、無事、凝縮された時間と空間を共有することができました。本当にありがとうございました。

難波宮を有する上町台地の中心に、「意識の世界」が、音を立てて湧き上がってきたかのような感じでした。大阪、三重、奈良、滋賀を中心に、日本の各地から「意識の世界」の水源が湧き上がり、一つになってアメリカへ流れていく、そんな確かな手応えを感じさせていただいた瞑想会でもありました。

……と感想を述べさせていただいたところで、2回目の「ともに瞑想会」は、セミナーホール、音楽室をZOOMでつないで、170名を超える方が参加することになりましたが、その機材設営について報告させていただきます。

まずセミナーホールは、前回の反省から、タワースピーカー2本を会場前に配置し、塩川香世さんには無線ピンマイクを付けていただき、ワイヤレスチューナーに音声を送り、チューナーからスピーカーに音声を流すとともに、分配してレコーダーに音声を送りました。これは大成功です。会場内の音声も、録音音声もともにクリアーでした。

ついで、音楽室とのZOOM接続ですが、セミナーホール、音楽室にポケットワイファイ、ノートパソコンをそれぞれ用意し、音楽室の音声は、ネットミーティング用のマイク・スピーカーシステムを使いましたが、これは必要ないと感じております。パソコンとWEBカメラのみのほうが簡便ですし、音も遜色ないように感じます。

音声記録以外に、流れが分かるよう、セミナーホールに定点カメラを設置し録画。さらにZOOM画面をパソコンに録画し、この二つの録画ビデオを、今回は、編集せずにアップしております。

次回からは、大阪をメイン会場にし、サブ会場を他地域とつないで実施していただく予定ですので、この録画によって、他地域の方にも瞑想会の全体の流れが分かってもらえればと思います。

以上、簡単ですが、お礼と報告とさせていただきます。