1.ZOOM瞑想会の廃止について

これまで、スカイプやZOOMのシステムを使って、地域の学びの方と塩川香世さんをつなぐネット瞑想会を、2016年の3月から4年にわたって続けてまいりました。今日、塩川香世さんともご相談した結果、この4月から「ともに瞑想会」が固定メンバー制となって定着していくのに伴い、ZOOM瞑想会および地域合同瞑想会については廃止することとなりました。

すでに今年の11月まではご予約を聞いており、早いところでは会場をおさえられていることと存じますが、大変、申し訳ありませんが、ご理解ご容赦のほどをお願いいたします。

具体的には、3月 14日(土)の「地域合同Aグループ」までは実施させていただきますが、4月以降に予定されている以下のZOOM瞑想会については、本当に申し訳ないのですが、中止とさせていただきます。

 

◇中止となるZOOM瞑想会◇

「4月 4日(土)千葉県北西部」「5月 2日(土)地域合同B」「6月 6日(土)神奈川県橋本・鎌倉」「7月 4日(土)地域合同A 」「8月1日(土)宮崎・鹿児島 」「9月5日(土)地域合同B」「10月10日(土)神奈川県海老名」「 11月 14日(土) 地域合同A」

 

お世話いただいている地域の担当者の皆様、長い間、ZOOM瞑想会を支えていただき、ありがとうございました。

(また、すでに会場等の予約をされているところは、キャンセルの手配をお願いいたします。)

 

学びの流れが、「ともに瞑想会」に収斂され、次の段階へ入ろうとしています。次のステージでも、前にも増してご協力いただけるよう、よろしくお願いいたします。

 

2.「ともに瞑想会」の参加者固定について

4月からの「ともに瞑想会」は、

4月から9月までの6ヶ月間(毎月1回、合計6回)を1クールとし、

メイン会場「大阪」(100名)、サブ会場「東京」(80名)で、この6か月間は、同一メンバーで勉強してまいります。

 

これ以降も、6か月を1クールとし、参加者を募集しなおし、新メンバーで6か月間、また勉強してまいります。

この繰り返しで運営していく予定です。その際、前期参加者も申し込むことは可能です。

 

3、申込資格と選出について

申し込むための資格は、

1、この学びを真剣に続けていこうと決心されている方。

2、6か月間、毎月一回ですが、継続して参加できる環境を用意できる方。

 (緊急な用とか不意の出来事で欠席される場合はこの限りではありません。)

 この二つの条件に当てはまっている方なら、どなたでも応募していただけます。

※選出方法は、基本的に抽選としますが、細かくは、塩川香世さんと相談して決めることになります。

 

4、スタッフについて

色々なご意見があると思いますが、固定スタッフがやはり必要です。

 

◎大阪会場は、UTAブックがお世話させていただきますが、会場設営とか、機材の準備等は、参加している方にお手伝いしていただかないと、とても出来るものではありません。これには、みんなに手伝ってもらえることと、そうでない種類の仕事もあり、これについては、UTAブックがお願いして固定してお手伝いしたもらえる方を、少人数ですが指定する場合があります。

その点をご了解ください。

 

◎東京会場は、会場の予約、手配等、大阪会場が決まってからの動きとなり、会場の手配段階から大変だと思います。それも大阪との連携が必要となり、当日も会場設営の指示だし、会場の提供する機材の使いこなし、経理と、固定スタッフの必要性が大です。

このため、最初からかかわっていただいている、竹田ご夫妻、市川ご夫妻に固定スタッフとして動いていただき、参加者の協力をいただいて運営する形をとります。

 

以上、申込方法とかは改めてご案内いたしますが、ZOOM瞑想会中止のお詫びと、これまでのご協力のお礼を兼ねて、4月から始まります「ともに瞑想会」の参加者固定についてご案内させていただきました。

 

今日(10/12)の午後3時より、塩川香世さんと滋賀のグループをつないでの「ZOOM瞑想会」が開かれますが、あいにくの台風で、7名の方が会場へ来れない状態です。もし、この参加できない7名の方で、ZOOMでの閲覧だけでも希望される方がおられましたら、下記メールアドレス宛て、「視聴希望」と書いてメールをください。試聴用のZOOMのIDを折り返させていただきます。

utabook250@gmail.com

※滋賀の参加メンバーで会場へ来れなくなった方に限ります。

※試聴のみの参加となります。

不明な点は、午後2時半までに080-5325-3107までお電話ください。

それ以降は電話は取れませんのでご容赦ください。

 今日(2019年10月3日)の『死ぬまで瞑想会』では、「250年後」をテーマに100人近い方がともに瞑想の時間を持ちました。

 UTAブックでは、《瞑想で感じたことを文字にする》ことが、《肉の自分に言い聞かせ定着させる》ことになると思っています。そればかりか、文字にすることで、さらに自分でも気づかなかったことが浮かび上がってきたりすることを体験された方も多いのではないでしょうか。

 その意味からも、ブックでは、随時、テーマ別の冊子の発行を企画していきます。

 

 最初のテーマとして、この「250年後」を取り上げたいと思います。

 つきましては、急で申し訳ありませんが、「250年後に向けた時に出てくる思い」について、10月10日(木)午後3時までに、メールで原稿をお送りください。

 お申込みいただいた方を塩川さんにご連絡し、10名を選んでいただき、塩川さんを交えて、その方たちと短い瞑想の時間を持っていただく予定です。

 

《記》

1、原稿締め切り 

  2019年10月10日(木)午後3時までにお送りください。

2、原稿送付方法 

  メールにじかに書き込むか、メールに添付するかしてください。

 (時間がないためメールのみとしましたが、期日厳守で、ファックス・郵送も可といたします。)

  ※氏名は必ずご記入ください。

3、送付アドレス  genkou@uta-book.com

4、申し込み資格  UTAブックメンバーズ会員(年齢制限なし)

5、原稿の分量 

  制限はありませんが、できるだけ短く端的にお願いします。

6、瞑想について

  塩川香世さんに10名の方を選んでもらい、10月17日(木)「死ぬまで瞑想会」終了後、朝9時15分から15分程度の予定で実施いたします。  

7/13〜7/14に開かれましたUTAホール志摩セミナーでの音声について。

ユーチューブページで聞いていただくファイルの中にいくつかのファイルが、何らかのエラーで聞けなくなっています。

今、原因不明のまま、ファイルを差し替えることでなんとか復旧いたしましたので、お試しください。

同様に「死ぬまで瞑想会」の音声についても、同じことが起こり、復旧後、また同様のエラーが起こっています。

これもとりあえず処置し、聞いていただけるようにしましたが、また起こる可能性があります。

完全な回復は、休み明けとなります。

 

※原因がしっかり解明するまでは、「UTAブックメンバーズページ」(あずけーる)からご利用ください。

ユーチューブの不具合により、本日の配信は中止となりました。

申し訳ありません。

なお、スカイプ瞑想会の模様は、現地で動画を撮影しておりますので、できるだけ早くアップいたします。ご了解ください。

本日の「ともに瞑想会」は、終了まで、あと10分というところで通信エラーが起こり中断させていただきました。音声版をできるだけ、今日中にアップさせていただきますので、ご了解ください。

申し訳ありませんでした。

UTAブックでは、「人と動物(植物)のいる風景― 心で感じてみよう ―」(仮題)のテーマで本の発行を予定しています。

つきましては、心の勉強をしている皆さんにお願いがあります。あなたが可愛がっている動物(植物)に心を向け、下記の17項目の中から、今のご自分にピッタリくるテーマを選び、問うてみてください。

字数は一つの項目について200字とします。一人で複数のテーマにチャレンジしていただくこともOKです。

 

締め切り/2018年6月15日(金)中

申込方法/メールかファックスか郵送

 メール/utabook250@gmail.com

 郵送/〒635-0823 奈良県北葛城郡広陵町三吉345−14

    UTAブック 出版部 宛て(当日消印有効)

 FAX/0745-55-8440

 

1.誕生

2.お母さん

3.愛

4.喜び

5.怒り

6.悲しみ

7.苦しみ

8.寂しさ

9.癒やし

10.人間

11.自然

12.天変地異

13.意識の世界

14.宇宙

15.ふるさと

16.死

17.転生

 

※ 送付していただくに当たっては、冒頭に何に向けてか(テーマ)と、お名前をお書きください。

最後に、資料として、向けた動植物について、種類(イヌとかネコとか)、名前、年齢(亡くなっている場合は、何年に死亡という風にお書きください。)

UTAブックの桐生です。
 ブックのことについて、煩わしいと思いますが、少し僕の思いを聞いてください。
 これまでUTAブックは、名称こそ、その時々で変わってきましたが、様々な人、様々な組織にお世話になり運営してきました。株式会社かんぽう(政府刊行物大阪サービスステーション)の出版部門として動いてきたときもありますし、僕が同社を定年退職してからは、株式会社シルクふぁみりぃの出版部門として動いてきたときもあります。
 今は、田池先生の示唆通り、どこからも独立した状態で、なんとかかんとか、ここ2年をやってまいりました。
 運営するにあたっては、何人かの方の経済的な力添えもあり、もちろん会員の方々の協力(図書館基金や本の購入等)により、また僕自身も、ブックの仕事というより、自分自身の仕事としてとらえ、ブックからいただく役員報酬、個人の年金の一部を使い運営してきたというのが実情です。...
 ただ、僕も今年で七十歳となります。京都鷹峯のセミナーで田池先生から示唆された「あと5年」ということからすると、もう2年しか残っていません。それが寿命宣告なのか、実際に働ける年齢のことなのか定かではありませんが、いずれにせよUTAブックのお世話は、そろそろ手を離す時期が来ているようです(実際、2019年3月の改選では理事を辞退させてもらおうと思っています)。
 といってUTAブックは、まだ必要、まだ存在の必要があるとも感じています。
 いっときは、編集工房DEPをつくり、自費出版の仕事を請け負って、わずかでもその利益を回してUTAブックを運営していこうという思いもありました。しかし、これでは、またぞろ「かんぽう時代」の二の舞で、僕がコマネズミのように動き回らなければなりません。それがイヤだというのではありませんが、僕も自分の心と真剣に向かい合い、自分がこれだと思う仕事だけをやっていく、そんな時期にもう来ているのを感じています。

 前置きが長くなりました。この先、UTAブックの舵取りを次の世代に渡していくために、UTAブックの運営を「UTAブック・メンバーズ」制という形に切り替えていきたいと思います。

UTAブックの役割は?
ヽ阿妨けてのスピーカーとしての役割
 新刊本の企画・発行、内外の図書館への図書寄贈、ポッドキャストやユーチューブ等の運営
⊃瓦粒悗咾某┐譴進々に教材や資料を提供していく役割
 フレッツあずけーる等の動画・音声・テキストデータ・静止画像等々のデータベース運営、スカイプ瞑想会の運営、冊子の企画発行、DVDの作成
新しい方が学びに触れる機会を作っていく、つまりは内と外をつなぐ役割
 スカイプ瞑想会の運営、新人用冊子の作成、新人用DVDの作成
こ悗咾梁取りを次の世代に残していく役割
 フレッツあずけーる等の動画・音声・テキストデータ・静止画像等々のデータベース運営、内外の図書館への寄贈

メンバーズ制は、以上掲げました役割を達成するため、メンバーの方々に力添えいただき運営していこうとするものです。

UTAブック・メンバーズの入会について
|が会員となるのか?
 学びを続けていこうとされる方は、18歳以上の方は、すべてUTAブック・メンバーズに加入していただきたいのです。従来はデジタル・ライブラリーの会員として会費をいただいておりましたが、これではビデオを見たり、音声を聴いたりと、その利用のための代価という意味合いが強くありました。
 そうではなく、今回のメンバーズ制は、UTAブックの運営そのものを支えていただくという意味合いをもっています。

会費はいくらなのか?
 一口/一ヶ月1,000円で一年分12,000円が一口となります。
  (2018年4月〜2019年3月の募集を間もなく開始します。)
基本的にお一人一口なのですが、ご協力いただける分には、複数口お申込みいただければ幸いです。

メンバーの方には、IDとパスワードを発行し、このID・パスワードによって「フレッツあずけーる」のすべての資料を閲覧していただけます。
 もちろん、ユーチューブにアップした動画・音声資料も閲覧できるほか、メンバーの方には「季刊UTAブック」の冊子を送らせていただきます。
 このほか、「フレッツあずけーる」では利用しにくい電子図書も、別にデジタルブック・ライブラリーを準備中で、ここにも無料閲覧できるデジタル図書(新刊を除く)を配置するようになります。

※上記「UTAブックメンバーズ」は「一般社団法人UTAブック」の社員(運営に関する発言権・議決権がある)とは異なります。

 以上、お読みになられた方が、UTAブックが存続し運営し続けることが必要だと思われましたら、ぜひご協力をお願いいたします。

 長々と勝手なことを申しましたが、この学びを世の中に(海外も含む)つたえ、未来にも残しでいきたいという思いからです。
 どうぞ、お許しください。(桐生敏明)

以下のようなメールを海外在住者の方に送っています。漏れを恐れて、このお知らせにも掲げておきます。

このメールは海外に在住される「UTAの輪」の学びに集われる方へお出ししています。
下記に6回のスカイプ瞑想会の予定を掲げていますが、
このスカイプ瞑想会に、UTAブックは、ゲストとして海外在住の方が参加できる体制を整えています。...
と言いましても時差等の関係、海外在住の方がスカイプができる環境かどうかということも関わってきます。
そこで下記の予定でスカイプに参加し、日本の仲間と「ともに瞑想してみよう」という方は、
UTAブックまでご連絡いただけませんでしょうか?

なおスカイプ瞑想会の時間帯は、日本時間でPM3:00〜4:00となります。
今の次期でしたら、
ロサンゼルスで、前日のpm10:00〜pm11:00
シカゴは、深夜12:00〜1:00
ニューヨーク、ニュージャージーで、深夜1:00〜2:00
アラバマは、深夜12:00〜1:00
イギリスは、当日の早朝6:00〜7:00
オーストラリアは、当日の夕方5:00から6:00 になります。

以下は、スカイプ瞑想会のこれからの予定表です。
2017年
11月11日(土) UTAの輪東京都西部(東京都西部)
12月9日(土) UTAの輪白桃園

2018年
1月7日(日)
15:00〜16:00 UTAの輪大阪中部
2月10日(土) UTAの輪奈良
3月3日(土) 南河内UTAの輪(大阪府南河内郡)
3月4日(日) 南河内UTAの輪(大阪府南河内郡)

日程等の調整はこれからしていきますが、
今は希望の有無と、連絡の取れるメールアドレスをご連絡ください。11月11日は日程が差し迫っておりますので、こちらから直接にお願いする形になります。

緊急のお知らせ
動画のライブラリーを「gメール登録」によって「非公開のユーチューブ」で観る方法をご案内していましたが、予想以上にGメール登録が困難な方が多く、急遽、新たな方法が見いだせたこともあって、以下のように変更させていただきます。
ユーチューブ動画についても、いったんは「フレッツあずけーる」に入っていただきます。「フレッツあずけーる」内に「00_ユーチューブフォルダー」というフォルダーを作っていますので、そのなかにユーチューブにアップした動画のインデックスを用意しています。
任意のファイルをクリックしていただくと、ダウンロードされることなく、ストリーミング(追っかけ再生)によって動画が開始されます。
使い方については、UTAブックのホームページに、動画での使い方をアップしております。
ぜひ、ご覧ください。