今回、この案内は原稿募集ではありません。
今、「死ぬということ」、この本の企画を形にしようと、一部、若手の方々から構成案やアイデアをいただいたりと動き始めております。
「死ぬ」というテーマは、勉強している人も、していない人も、外国に暮らす方も、日本に暮らす方も、「生まれる」ということと共に、すべての人に共通するテーマであり、なおかつ「生」と「死」は一体になって分けることのできない問題でもあると思います。
「死」というテーマは、すべての人が同じ土俵に立つことのできるテーマであり、最も身近でいて、それでいて最も縁遠いテーマでもあります。


今回、このテーマを扱うことについて、UTAブックユーザーの方にお願いがあります。ご自身にとって「死」とは何かを考え直してもらい、「自分にとっての死」というタイトルで作文を綴りUTAブック宛に送っていただきたいのです。
字数には制限がありません。短くても長くてもかまいません。


「死」についてなら、どんな形でもかまいませんが、もし、とっかかりが見つからないようであれば、思い出す手がかりに次のような項目を拾い出してみました。
 これに全部答えてくださいというのではありません。
 あくまで思い出す、もしくは書き出すヒントの一つとして考えてください。

 1.自分が初めて死を認識したのは何歳頃のことだったのか?
 2.それは何によって知ったのか? 
   友人、知人、親の死
   親戚、知人の葬式に連れて行かれて
   テレビや新聞等の情報で
   絵本や子供用読みもので
   誰に教えられたわけでもなく物心ついたときから知っていたetc
 3.初めて死を認識したとき、どう感じたか?
   恐怖、不安、安らぎ、あこがれetc
 4.死にたいと思ったことはあるか?
 5.死にかけたことはあるか?
 6.ニュースなどで、悲惨な死、痛ましい死等を耳にし、目にしたとき、どう感じたか?
 7.肉親の緊急入院等で、医師から延命治療等について打診されたとき、どう感じたか?
 8.葬儀についてどう感じるか?
 9.介護経験を通して死と向かい合ったことがある。
 10.医師や看護師等、職業を通して死と向かい合ったことがある。
 11.親や夫婦あるいは子どもと、死について語り合ったことはあるか?
 12.終活についてどう感じるか?
 13.自分でも、家族でも、友人知人でも、ガン宣告や余命宣告について知らされたとき、どう感じたか?
 14.死後の世界はあると思うか?
 15.臓器移植についてどう思うか?
 16.生まれ変わりを信じているか?
 17.自分は、こうありたいと思う臨終とはどんな形か。

その他、いろんな切り口があると思いますが、これを参考にしても、無視してもかまいませんので、ご自分にとって「死」とは何かを書いてお送りください。最初にも掲げましたように原稿募集ではありません。いただいた体験や感想を元に、本を組み上げていきたいと思っています。このため「体験」や「感想」を寄せていただいた方に取材させていただく場合があります。その際はご協力ください。また、「この人に聞いてみたら」という情報がありましたら、それも併せてお知らせ願えたら幸いです。(桐生敏明/記)

1.期限 2019年2月15日(金)
2.送付先
 ◎郵送していただく場合/〒635-0823 奈良県北葛城郡広陵町大字三吉345-14
 ◎メールに添付いただく場合  genkou@uta-book.com
 ◎FAXで送付いただく場合 0745-55-8440
3.その他、必ず、お名前と、連絡が取れるメールアドレスか電話番号をご記入ください。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL