今回はZOOMミーティングのテストに100名以上の方が参加していただきました。

ただし100名までしか入れませんので、スタート時点の9時に入ろうとした方は無理だったことをお聞きしました。

申し訳ありませんでした。

僕の方は甘く考えていて、多くても50名ぐらいだろうと思っていて面食らってしまい、うまく対応できず、100名の方すべての音声が入ってきて収集がつかなくなりました。助言もいただき、管理者として全員の方の音声をミュートにした上で、発言する人の音声のみをオンにしていくことで、この状態は回避できることがわかりました。

また100名の方が入ると、一つの画面に25人ずつ四つの画面が出来、これを切り替えることで、すべての参加者を見ることが出来ますが、一度には最大25名の方の顔しか表示されないこともわかり、理想的には20名までの方で行うのがベストのように感じました。それにしても、離れた人とつながっているという実感が、何とも言えずインパクトがありました。

画面共有で、ホームページを朗読してもらったり、ビデオをともに観て瞑想したりと、いろいろ使えると感じました。

そこで、次回のテストは、全国で遠方の方20名をセレクトし、塩川さんのビデオを使って、実際にzoomを使っての瞑想会を実施してみようと思います。こちらからご連絡がいきましたら、ぜひ協力をお願いいたします。(桐生敏明)

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL