※Jさんより「UTAの輪の中でともに学ぼう」1940の英訳を送っていただきました。

1940) What do you think about when you are on the point of dying? Whatever cause of your death, are you sure that you can afford to believe in the true world ( Taike Tomekichi's world ) when you undress your body? Probably you cannot afford to think about the true world because you feel pain in your body or your consciousness is not clear at that time. What action is right when you believe in the true world firmly? Probably you cannot explain the firm belief by the five senses. What you can do is only not to forget to think about the true world any time. Whenever you feel busy or confused in your daily life, you can afford time to think about the true world. Usually you should spend time to think about the true world as if Taike Tomekichi did. And also at the unusual time. We cannot maintain the existing state of things for ever. The surface of our world is destroyed some time. The rout of this world is not right because the physical world ( the universe ) is absent at the beginning of our world. Our world simply returns to the state of the beginning. Something exists even if we lack the physical world. It is soul. Joy and happiness coming from the existence of our souls disappear never if the physical world does vanish.

1940) 何を思って死ねるのか。どんな状況で肉を置いていく時が来ようとも、死ぬ瞬間、心の針を合わせていけると確信していますか。 肉ではできません。肉でそうしようと思っていても、その時、肉体的に苦痛を伴っているかもしれません。意識が朦朧としている中かもしれません。 心の針を合わせていける確信とはいったいどういうことを言うのでしょうか。 肉では決して推し量れない意識の世界です。ただ、肉でできることはいつも思うことを忘れないようにするということだけかもしれません。 日々、色々とある中で、どんなに忙しくまた心が乱れても、それでもふうっと思える瞬間があります。平時ではもちろんのこと、いつも思うは田池留吉の姿勢で肉を持つ時間を過ごすということになるかと思います。 形の世界を死守することはできません。影は死守できません。初めから何もなかったんです。総崩れというけれど、元々何もなかった世界へ戻していくだけです。何もない。だけどあります。ともにある喜びと幸せは永遠に無くなりません。

コメント
コメントする