※Iさんより「UTAの輪の中でともに学ぼう」1935の英訳を送っていただきました。

1935) Everyone will start thinking about what the truth is, while the world of physical form collapses in various ways. Something is wrong. Something is wrong. How are we going to live? We might have made a big mistake. As the physical form further collapses, the desire for salvation and prayer will be amplified. On the other hand, people will start thinking that something is wrong. That’s right. Something is absolutely wrong. Still we will need more time and total collapse until humans reach to the point that the world of crazed consciousness is manifested as a form. This job will be done completely. It’s because there is a flow of consciousness. The world of physical form will keep on collapsing one after another until we finally realize there is no other options except living and adapting with the flow, the flow of consciousness. It is inevitable. Mistakes must be corrected. It’s as simple as that. However, it is extremely difficult to comprehend for those who believe they are a physical form. It will only be fully recognized for the first time when we make a complete change that we are not a physical form but consciousness.

1935) 何が本当のことなのか、色々なところで形の世界が崩れていくことによって、それぞれみんな何かを考え始めると思います。 何かおかしい、何かがおかしい、どう生きていけばいいのか、もしかしたら、何かとんでもない間違いをしてきたのだろうか、さらにさらに形の世界が崩れていくことによって、祈りを救いを求める思いも増幅するけれど、その一方で、何かがおかしいと感じ始めると思います。 何かがおかしい、そうおかしいんです。狂った心、意識の世界が形として表れているというところまで、地球人類が行き着くには、まだまだ時間と総崩れという現象が必要ですが、それはきちんと成してきます。 意識の流れがあるからです。意識の流れ、その流れに沿って、その中に溶け込んでいくことしかないと心で分かるまで、どんどんどんどんさらにさらに形の世界は崩れていきます。必然のことです。間違った世界は正される、ただそれだけのことです。 それだけのことですが、肉を本物とするところからは、それは到底分からないことです。つまりは肉から意識へ自分を転回していって初めてその通りだとなってくるのです。
コメント
コメントする