※Iさんより「UTAの輪の中でともに学ぼう」1938の英訳を送っていただきました。

1938) Joy to think of, joy to be able to think of. After all, this is everything. What to think of, whether I can think of, what happens and what kind of world spreads when I think of. These are the experiences I am studying. Thirty years has passed since I met the study and now I am happy. I have had time to learn happiness, I have been in the world of joy and warmth. I had been living without knowing or even believing myself. Thank you for meeting me-whenever I mediate, my true self always responds. My true self is telling me so. It amazes me and brings me joy and gratitude whenever I meditate. I’m happy now when I believe I am moving forward to my home, my true self of love, transcending the dimention. Joy and happiness existing together, to be able to live together. I could meet the truth with my foolish physical self. My foolish physical self allowed this encounter in this present life.

1938) 思う喜び、思える喜び。私はやはりこれに尽きると感じています。何を思うか、思えるか、そして思ったらどうなるのか、どんな世界が広がっていくのかを学ばせていただいています。学びに触れ30年近くになりますが、本当によかったと思っています。 幸せってこうだったんだ、私は喜び、温もりの中にあったんだ、私は私を知らずに、いいえ信じられずにずっと生きてきたんだと、学ぶ時間をいただきました。 出会いをありがとう、瞑想をすればいつも応えてくれます。そう伝えてくれます。これって何だ、すごいなあともうそれが嬉しくてありがたくてという瞑想の時間を重ねています。 次元を超えて、私は私のふるさとへ、愛の自分へ帰っていく道を突き進んでいきますと確認できる今が嬉しいです。 ともにある喜びと幸せ。ともに生きていける喜びと幸せ。 愚かな肉を携えて、いいえ携えることができたから、今世に出会いがあったと確信しています。

コメント
コメントする