以前に、ZOOMウェビナーを始めるにあたって、その費用を図書館基金でまかなうというご案内をしたことがありました。これについては、実際のところは、図書館基金からは費用を出さず、桐生個人が運営しています「編集工房DEP」が費用負担をして運用しております。

こんなことを書くのも、ある方から、「図書館基金は、やはり本の寄贈に関して使うべきで、別途にウェビナー基金を設けたらどうか」という提案をいただいたからです。UTAブックとしては、新たな基金などは設けたくなく、さいわい「編集工房DEP」でも、ウェビナーを利用したいと思っていましたので、ウエビナーの費用については、DEPでまかなうという形をとっております。

このご連絡が遅れ、いらぬご心配をおかけしました。申し訳ありません。

まずはご連絡まで。(桐生敏明)

コメント
コメントする