2001年の7月から9月の勉強会のデータを提供して頂きました。

2001年の7月から9月の勉強会のデータを提供して頂きました。

いつもありがとうございます。

「2001年07月_愛知勉強会_講話部分」と「2001年08月_熱海、琵琶湖勉強会_講話部分」のデータを、「05_これ以前のセミナー」の「2001年_講話部分のみのデータ」へアップさせていただきました。

ぜひご利用ください。

 

紘次/記

| メンバーズページ | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

7月橿原セミナーの音声をアップ

7月1〜3日にTHE KASHIHARA(旧橿原ロイヤルホテル)にて開催された橿原セミナーの音声(圧縮版)をメンバーズページにアップしております。

http://uta-book.com/members.html

| メンバーズページ | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) |

第3回一般社団法人UTAブック社員総会の報告

6月30日(土)に第3回一般社団法人UTAブックの社員総会を開催し、前年度の事業報告、事業計画について報告させていただきました。また、平成29年度貸借対照表及び損益計算書についても承認が得られましたので、議事録、事業報告・計画、決算書、監査報告書について、アップさせていただきました。

事業内容や今後の事業計画についても前向きなご意見をたくさんいただきましたので、それについても少しずつ改善していけたらと考えています。ありがとうございました。(朝日記)

 

一般社団法人UTAブック社員総会の開示

http://uta-book.com/kaiji.html

 

 

以下、総会の中での桐生敏明・代表理事からのコメントを掲載させていただきます。

 

UTAブックでは、前期と今期とで大きく変わっているところがあります。前期までは書店に力を入れて書店、そして図書館を通して、新しい人と繋がっていこうという動きをしておりました。今期からそれが変わっております。というのは、図書館への寄贈にしても、書店に買いに行ってもらうにしても、今勉強している人、UTAの輪のメンバーの方に助けていただいて動いている状況なんですが、以前に比べて購買力がすごく落ちています。前のようにやっていると前期と同じように赤字になってくるという状況になっています。

 

そこで、今期からどうしたかといいますと、書店への新刊配本をなくして、新刊は予約販売という形を取らせていただいています。これまでは本が書店に並ぶことで新しい方の目に止まればという思いがありましたが、それについては今後は図書館寄贈を主にさせていただこうと考えています。書店への新刊配本があるうちは、返品なども予測して余分に本を作りますので、新刊配本をしない(客注分のみの取り扱いにする)ことでUTAブックの在庫を減らすことに繋がります。そういう格好でこれから動いていこうと思っています。

 

本については、これから新刊が出て行くのですが、どちらかというと、塩川香世さんがこういうことをしてみましょうと、例えば「宇宙に心を向けてみましょう」とかいう呼びかけがあったら、それを捉えて、皆さんに原稿を出してもらう。それを塩川さんに返して、塩川さんとコラボして、勉強している人と塩川さんが一つのものを作っていくという形にしていく。その中で一般へ出してもいいよねというものを書店へ出すというそんな本作りをしていこうと思っています。それが大きく変わっているところです。

それと、すみません、前期から今期にかけて、メンバーズページ(あずけーる)を充実させようとしています。どうしても、メンバーズページがUTAブックにとっては、大きいです。できましたら、見るから、見ないからということではなくて、UTAブックのメンバーズの会員になっていただきたいということでお願いしています。

その2つが前期から大きく変わっています。

 

 

(理事の場違いな発言)

 数字の話とは全然違うのですが、僕が最近感じていることがあります。

僕は、歴史マニアですが、思うのは、塩川香世さんの住む場所ががちょうど上町台地の難波宮跡近くににあります。古代の官道は、ここから難波大道(なにわだいどう)で堺の金岡あたりまでつながり、そこから、今度は竹内街道(たけのうちかいどう)が始まって、ここ太子や大宝をとおり竹ノ内峠を越え、さらに我が広陵町を通って、横大道(横つ道とか横大路ともいわれます)へ入り橿原へとつながり、さらに飛鳥へ続くというのが、当時の飛鳥の宮と難波宮をつなぐルートであります。そして、ここ(広陵町)はその中間地点にあたるというわけです。

 国家神としての「天照大神」が誕生したのも、この官道が成立したのと同じ時代です。

 「天照大神」が日本の国家神として登場する背景には、部族ごとの「先祖神」を一つの神の下に統一し部族連合国家を形成する必要がありました。「天照大神」の降臨は、天上界から地上へ降り立った天照が、地上の神々を傘下にして部族間の争いのない理想郷=「まほろば」を生みだすはずでした。
「やまとは国のまほろば」、これこそが先人たちの目指したものだったはずです。
 ところが、この思いとは逆に「天照大神」に代表される最高権力を求めて、今までにない骨肉相食む凄惨な争いが起こるようになってしまいました。日本が国家として誕生する7世紀から8世紀にかけては、それまでの単純な土地争いではなく、争いは、表立っての戦争とは別に、権力を求めての陰謀や足の引きずりあいといった陰惨な様相を呈してきます。
 日本の歴史書は、それを誤魔化し隠し続けていますが、敗者は敗者で本当のことを伝えようと、被害者の「恨み」「辛み」を万葉の歌のなかに、ものがたりの中に、伝承の中に残そうと躍起になってきました。日本という国の誕生は、そんな争いのエネルギーの上に成り立ってきたと思うのです。
 最近感じることですが、この学びに集った人たちに、そのとき関わった人たちのエネルギーが集約されているように感じます。そう考えると、日本に生まれてきた意味や、自分の中に眠る「アマテラス」に代表される「争う思い」、「自分こそが正しいという思い」、「権力に執着する思い」、その供養が必要だと痛感してきます。
 自分自身も、心の中を見たとき、自分のやっていることが正しくて、相手が間違っていると、妙な正義感や対抗心を燃やし続けてきた思いがありました。「日本」という国が揺れ動いている今、まだそんな思いを抱えている自分がいました。それを最近特に感じて、これら負の思いを、助長し、またぞろ同じ暗い思いを残していくのでなく、清算していく時期が来ているんなんだと思います。

 

 UTAブックとNPO法人があって、僕はUTAブックで「自分こそ正しい」とか、「負けられない」とか、いろんな思いを出してきました。

 「それって、違うよね」って。過去から出してきた思いを愛に返すために、こうやって集まっているんだから、「それって違うよね」と思うのです。

 今、自分の中にある「アマテラス」の思いを供養し、みんなが一つになって行く時期が来ていると思います。経済的なことも、もちろんですが、やっぱり大きな事業目的はそこだなあと思っております。

| 連絡事項 | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

「2001年06月_熱海、下呂勉強会_講話部分」のデータをメンバーズページにアップしました。

「2001年06月_熱海、下呂勉強会_講話部分」のデータを、「05_これ以前のセミナー」の「2001年_講話部分のみのデータ」へアップさせていただきました。

現在お預かりしている分のデータは全てアップさせて頂きました。
いつもありがとうございます。

紘次/記

| メンバーズページ | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

「2001年05月_琵琶湖勉強会_講話部分」のデータをアップさせていただきました。

「2001年05月_琵琶湖勉強会_講話部分」のデータを、「05_これ以前のセミナー」の「2001年_講話部分のみのデータ」へアップさせていただきました。
いつもありがとうございます。

| 連絡事項 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

ポッドキャスト「ともに瞑想を 202」

ポッドキャスト「ともに瞑想を 202」がアップされました。
自分は何のために生まれてきたのか?
=今回の瞑想のテーマです。

http://uta-book.com/voice_ishikinosekai.html

| Podcast | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |

メンバーズページに「00_メンバーズページ一覧」のPDFを作りました。

「UTAブックメンバーズページ」に収録されているデータの場所が分かりにくい、といった問い合わせもありますので、簡単な一覧表を作りました。

メンバーズページに「00_メンバーズページ一覧」というファイルに「メンバーズページ一覧」のPDFを作りましたので、ご確認ください。

 

紘次/記

| 連絡事項 | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) |

6月23日ともに瞑想会の抄録をアップ

学びの友にご協力いただいて、土曜日にUTAホール大宝で開催されたともに瞑想会の抄録をアップさせていただきました。

今回は、中継がうまくいったみたいでよかったです。大きな声を出すためか、中継の際は、一瞬途切れたりすることもあるようですが、全体としてはよかったです。

それぞれ環境が違うので、人によってはこの時間が勉強の機会になる方もそうでない方もいらっしゃると思いますが、見れても見れなくても、出れても出れなくても、その時に出る思いを見る、そういう意味でもこの中継の時間を共有していけたら嬉しいなと思いました。いつもありがとうございます。(朝日/記)

 

 

 

UTAブック・メンバーズページ

http://uta-book.com/members.html

 

【格納場所】 

グループフォルダ 

→UTABOOK 

→07_デジタル通信

→03_ともに瞑想会

→20180623_ともに瞑想会.pdf

| メンバーズページ | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) |

「ともに瞑想会」(2018.6.23)

昨日(2018.6.23)、大宝のクボホールで「ともに瞑想会」が開かれました。その模様を「あずけーる」と「ユーチューブの限定配信」にアップしております。
「あずけーる」には、動画む編集版(休憩時間はカット)と、圧縮編集版(音声34分)の両方をアップしています。
http://uta-book.com/members.html
また、ユーチューブの限定配信には、圧縮編集版(音声34分)をアップしております。

| ともに瞑想会 | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

6月23日の「ともに瞑想会」の中継についてお知らせします。

623日の「ともに瞑想会」の中継についてお知らせします。
中継のURLは直前に決まりますので、10分前ぐらいに下記サイトで確認の上、接続をお願いします。
下のURLをクリックするとパスワードが求められます。
ny」で始まるいつものパスワードをご入力ください。
... 
メンバーズページへのアップは週明けの月曜日になります。
あしからずご了承ください。

日時 623日(土)PM2:004:00
1.開始10分前に下記URLをクリックしてください。
  http://uta-book.jugem.jp/?eid=1719
2.パスワードが求められますので、
 「ny」ではじまる11文字パスワードを入力してください。
3.パスワードを入れると、「ともに瞑想会のURL」というページが開きますので、そこに書かれているURLをクリックしてください。
4.ユーチューブ・ライブの画面に切り替わります。
 URLは配信するごとに変わります。必ず配信10分前の「URL」を確認し、その「URL」をクリックして繋いでてください。
紘次/記

| 連絡事項 | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM