「精神疾患と共に生きていく」、寄贈先が決まり発送準備も整いました。

 発送先は以下の通りです。

 個別の施設名については下記をクリックしてください。

 http://www.uta-book.com/donation_destination.pdf

 

西奈良中央病院ほか指定寄贈先 4施設 8冊

精神科学情報センターほか関係団体6施設 12冊

全国患者図書サービス連絡会加入病院 130施設 260冊 

近畿二府4県の精神科専門病院 110施設 220冊

全国の都道府県立図書館ほか 63館 126冊

 

おもに患者図書室用と医療従事者用に各1冊で1施設に2冊、

図書館は都道府県立の大規模図書館のみにして各2冊、

合計626冊

 

寄贈申し込み666件×980円=652,680円

寄贈数626冊×1,080円(送料とも)=676,080円

差額23,400円は、予約注文分の収益から相殺させていただきます。

 

とはいえ、コロナ騒ぎの渦中であり、実際の発送は5月半ばまで見送ろうと思っています。

ギリギリ「コロナ騒ぎ」には間に合ったかと思っている「死ぬということ」も、

受け入れが遅れているようで、今になってお礼状が一部届きだしたというような状況です。

この待期期間、「寄贈先にここを加えてほしい」という希望等がございましたらご連絡ください。

 

最後になりましたが、本当にたくさんのご協力、ありがとうございました。

特に、「UTAブック」と分けるため、出版元を「編集工房DEP」としている関係で、

入金等、ご不便をお掛けしたこと、深くお詫びいたします。

個人事業では、屋号を用いた振替口座がつくれず、直接、郵便口座への入金となり、

ご年配の方には、一方ならぬご不便をおかけしました。

また「編集工房DEP」は、僕一人で運営しているものですから、

何かと行き届かないことがあったかと思います。

重ねてお詫びかたがた、皆様の寛容さとご支援に対し、お礼を申し上げます。

(桐生敏明 記)

5月24日(日)、6月6日(土)に予定しておりました「ともに瞑想会」は、新型コロナウイルス感染症の影響でクレ大阪中央が6月30日まで利用が難しくなったため、延期(中止)とさせていただくことになりました。

 

大阪会場は「延期」、東京会場は「中止」となります。(大阪会場は6ヶ月がワンクールのため延期となっています)

 

7月以降の日程は未定です。また決まり次第、ご連絡させていただきますので、UTAブックのお知らせをご確認いただきますようよろしくお願いいたします。(朝日/記)

「UTAブックのホームページ」から、その「索引」を紹介させていただきましたが、メッセージの英訳について、早速、Kさんが参加していただきました。ありがとうございます。

これで英訳することで、勉強の一端としておられる方が、Hさん、Iさん、Jさん、Kさんと、4人となりました。

ありがとうございます。

塩川香世さんのホームページで案内がありましたが、

4月11日(土)14時から「ZOOMウェビナー」を使って配信をしていただくことになりました。

 

◇ 参加方法

前回の4月4日のライブ配信と同じです。「ZOOMウェビナー」を使います。

※13時30分(開始の30分前)から繋いでいただけます。

 

(1)UTAブックから送付されている前回と同じメール、【UTAブック「ZOOMウェビナー 」の参加方法】という件名を開いてください。

 

(2)その中のリンクをクリックしてください。

 

(3)ZOOMの使用を許可してください。

 

(4)画面が出てきます。(ホスト=UTAブックがウェビナーを開始していない時は、「ホストが開始するまでお待ちください」という画面が出てきますのでそのままお待ちください)

 

 

ZOOMウェビナー についてのQ&Aはこちらをご確認ください。

http://uta-book.jugem.jp/?eid=2277

 

 

-------

 

まだ慣れていない方もいらっしゃると思いますので、急にはなりますが明日4月10日(金)を「ZOOMウェビナー」のテスト日とさせていただきます。

 

下記の時間、ウェビナーにアクセスしていただけるようにしておきますので、土曜日の塩川香世さんの配信をスムーズに視聴していただくためにも、なるべく一度繋いでみていただきたいです。

 

 

「ZOOMウェビナー」のテスト日時

4月10日(金)10:00〜16:00

 

●確認ポイント

・動画が見えて、音が聞こえるかどうか(他の方の顔は見えない状態でOKです)

 

 

各自繋いでいただき、不明点がありましたらUTAブックまでご連絡いただけたらと思います。

お手数をお掛けしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

UTAブック Tel.0745-55-8525  メール utabook250@gmail.com

UTAブックのホームページを開いていただくと、「リンク」というメニューボタンがあります。

このボタンをクリックしていただくと、「塩川香世さんのページ」という「柱」があって、その中に

◇UTAの輪の中でともに学ぼう(索引)」という項目があります。

これが塩川香世さんのホームページ「UTAの輪の中でともに学ぼう」の索引ページとなります。

画像を表示すると、こんな感じです。

 

 

左端の番号はメッセージ番号で、2番目はそのメッセージの書き出し部分です。3番目の項目はアップされた年月日であり、4番目、最後の「音声」という項目に注目してください。

仮に、メッセージナンバー「1959」を見ますと、「2020.4.4のライブから収録」と記されています。

この文字をクリックしていただくと、このメッセージについて塩川香世さんが朗読している音声を聞いていただくことができます。

次に「1955」のメッセーナンバーの最後の項目を見てください。

「英訳あり」という言葉が、上下に二つ並んでいます。これは、このメッセージを英語に翻訳していただいた方が、お二人おられるということです。クリックしていただくと、その翻訳ページが開かれます。

翻訳ページが開きますと、メッセージナンバーの下に「H」とか「I」とか「J」とかいう記号が振られていますが、これは訳していただいた方の違いを意味しています。「自分の勉強に」と、英訳されている方が、今は3人おられるということです。こんな方が増えていけば、「K」さん、「L」さん、「M」さんが増えていくことになります。ただしイニシャルではありません。

 

また索引ページから本文に入っていただくと、これまで発表された塩川香世さんのメッセージは、すべて見ていただくことができます。ただし新しいものについては、発表されるごとに「コピー&ペースト」で取り込んでいるため、遅れることは必至ですので、ご容赦ください。

 

以上、索引ページについて紹介させていただきましたが、学びの一助としてご活用いただければ幸いです。

「岩盤に向けて…」の原稿締め切らせていただきました。

 

今回は、74名の方に送っていただきました。

毎回、送っていただく方も少しずつ増えていて喜んでおります。

 

岩盤。自分の中では深刻に思っていても、皆さんから寄せられたものをまとめていると、客観的に見えてきて、大きいと思っていた自分の岩盤がとても小さなものにも感じます。

 

5月末または6月ごろの発行を予定しておりますので、お楽しみに!(朝日/記)

先ほど、「死ぬまで瞑想会」に登録されている方宛に、

メールを送らせていただきました。

 

4月16日(木)の「死ぬまで瞑想会」から

参加される際に

パスワードが必要となります。

(ZOOMの設定でパスワードが必須となったためです)

 

メールをご確認いただきますようお願いいたします。

 

 

なお、不安な方もいらっしゃると思いますので、

下記の日程でテストしていただけるように死ぬまで瞑想会」のZOOMをあけておきます。

「死ぬまで瞑想会」のID で一度ZOOMを開いてみていただけたらと思います。

 

 

「死ぬまで瞑想会」テスト日程

4月8日(水)10:00〜16:00

4月9日(木)10:00〜16:00

 

不明な点がありましたら、お手数ですがUTAブックまでお電話いただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

「NPO法人第18回UTAの輪セミナー」で受け渡しを予定しておりました、UTAブック冊子「日本へ…」と「UTAの輪の中でともに学ぼうvol.19」を今週中に送らせていただきます。

 

新型コロナウイルスCOVID-19)が収まりを見せない状況で、今後の受け渡しもどうなるか分かりかねます。

セミナー受け渡し希望の方にも郵送料もかかり、申し訳ないのですが、郵送させていただくことになりました。

 

ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

紘次/記

今日(2020年4月3日)午後の記事で、なぜ、UTAブックがズームやウエビナーを採用したか、その経緯をお話しさせていただきました。

今回は、その具体的な利用を、自分でも整理しておこうと、ここに書き出してみた次第です。

 

1.死ぬまで瞑想会

(第一、第三木曜日の朝8時半から9時)ズーム利用

これについては、70代以上の方に「ズームミーティング」に馴染んでいただくためにはじめたものです。UTAブックが音声資料、動画資料を利用して、月に二回、第一、第三木曜日の朝の8時半から9時までの30分間、ともに瞑想する機会を持とうというものです。終了後の9時に塩川香世さんが入っていただき、ともに瞑想の時間を持っていただくこともあります。これは塩川さん次第で、いつもというわけではありませんが、「いつも参加してくれたらうれしいなあ」と密かに願っております。

 

2.海外との方との瞑想会

(毎週水曜日の朝8時半から9時)これまではズーム利用、4月中旬からはウェビナー利用に変更

これについては、アメリカの方を中心に海外の方や沖縄在住の方と、毎週水曜日の朝8時半から9時まで、参加者が持ちまわりで進行を務めていただき瞑想会を開いています。この第四週目の終了後、朝の9時からは塩川香世さんが入っていただき、ともに瞑想の時間を持っていただいています。この四週目の水曜日、9時からの時間をウェビナーで公開いたします。希望の方は、500名が上限ですが、ウエビナーに入っていただき、一緒に瞑想していけたらと思っています。

 

3.塩川香世さんのライブ配信「ともに瞑想を」

(不定期)ウェビナー利用

これはユーチューブに変わってウェビナーで、明日4月4日(土)午後2時から第一回が配信されます。

これまで実施していたZOOM瞑想会(以前のスカイプ瞑想会)が一通りの役割を終えて終了したため、しばらく休止していた「ライブ配信」を、塩川香世さんが復活していただけることになりました。

 

4.ともに瞑想会

これは、塩川香世さん主催の、会場(クレオ大阪)に集まっていただいての瞑想会ですが、この大阪会場の模様をウエビナーを利用してネット中継いたします。なお、この瞑想会は、ズームを使って東京会場にも流れ、東京・大阪を同時進行で行う瞑想会でもあります。

 

以上が、ズーム・ミーティングシステム、ウェビナーを使ってUTAブックが実施したりお手伝いしたりする瞑想会の全体になります。

「ズームミーティング」の幕間の時間、はたまた「ウェビナー説明会」の幕間の時間、皆様方のおしゃべりに耳を傾けていると、こんなやりとりが耳に届いてまいりました。

「なぜ〈Zoom(ズーム)〉なの? なぜ〈Webiner(ウエビナー)〉なの? 〈スカイプ〉でいいじゃない?」「せっかくズームを覚えたというのに、こんどはウェビナーだって……」。

実に無理からぬ呟(つぶや)きだと思います。

そこで、この謎解きを一席。

不思議に思っておられる方、理不尽な要求を突きつけられたと嘆いておられる方、もう新しいことはこりごり……と思っておられる方、ぜひ、しばし時間をいただければと思うのであります。

前振りはここまでとし、早速、本題に入らせていただきます。

 

1、なぜ「スカイプ」ではダメなの? 

ということですが、スカイプは少人数でのネット上でのやりとりのため開発されたソフトで、大人数でやり取りをすることには不向きです。

たとえ10人でのやりとりでさえ、その10人の中に通信状態の悪い人が1人でも混じっていると、それに引きずられ、全体がダメになってしまう恐れがあります。

それに反して「ズームミーティング」は大人数でのやりとりのために開発されたもので、もし通信状態が悪い人が混じっていても、その人が「見えなくなる、聞こえなくなる」だけで、そこに引きずられミーティング全体がダメになることはありません。

これが「スカイプではダメなの?」という回答になるかと思うのです。

 

2、ズームからウェビナーに変えたのばなぜ?

「ズーム」から「ウェビナー」に変えたのではなく、「ズーム」はズームで使用します。「ウェビナー」と「ズーム」では使用目的が違います。「ズーム」のシステムの中に「ウェビナー」の機能がオプションで用意されておりますが、まずは二つの違いを説明します。

ズームは大人数でのネット上でのミーティングを目的とします。したがって参加者の顔が画面にすべて出てきます。

これに対しウエビナーは基本的に一方通行、講演者やパネラーと言われる出演者のみが画面上に登場します。

ウェビナーという言葉自体、「ウェブ(情報網)」と「セミナー」の合成語で、インターネット上での講演会等を可能にしたシステムです。

これまでは、この機能をユーチューブを使って「ライブ配信」という形でおこなってきました。

 

3、では、なぜ、「ユーチューブ」から「ウェビナー」に乗り換えたの? という疑問が起こってきます。

これについては、ユーチューブ側から「利用規約に違反した」として利用を差し止められたのです。といっても当方が何か悪いことをしたわけでなく、「不快な動画が流れている」と視聴者の中からユーチューブ側へ中傷の報告があったためと聞いております。

限定公開といって「URL」つまりネット上の番地を、仲間だけに公開する形をとっているのですが、それでも外部に漏れて、悪意のあある第三者にユーチューブ側に中傷されたということになるでしょうか?

いずれにせよ、パブリックな場所でやっている限り、この問題は起こるわけで、ウェビナーという関係者だけが視聴できる空間を採用したというのが乗り換えに踏み切った経緯です。

 

4、ウェビナーとユーチューブの違い

ひとつは今も述べましたように、ユーチューブが公開性が高いのに対し、ウェビナーは限られたグループでの利用に限定されているということが大きく違います。

したがってユーチューブでは無制限の人数が視聴できるのに対し、ウェビナーではUTAブックのライセンスでは500名が限界です。ちなみにユーチューブを使った塩川香世さんのライブ配信では300名を超す方々が視聴者になっていましたので、対応できると思います。

もう一つ大きな違いはユーチューブが完全な一方通行なのに対し、ウェビナーはあたかも会場で参加しているように質問や発言が可能だということです。

 

5、今、ウェビナーに導入に踏み切った背景

ユーチューブが使えなくなったことが引き金になっていますが、今、新型コロナ騒ぎでセミナーが次々と中止になり、ネット上だけでも塩川香世さんと学ぶ人たちをつないでおく必要を感じたからであり、さまざまな意味で、それができる位置にUTAブックがあったからであります。

それを利用するかどうかは、塩川香世さんや、それを利用する皆さんの判断になるわけですが、その環境を用意することはUTAブックの急務だと思い、導入に踏み切った次第です。

 

以上、長くなりましたが、ズームミーティング、ウェビナー採用の経緯について語らせていただきました。

4月4日(土)14時からの「ともに瞑想をしましょう」LIVE配信について、再度ご案内させていただきます。

 

明日の参加方法はこれまでと違います。

まず、UTAブック・メンバーズへ登録されているメールを開いてください。

そして、【UTAブック「ZOOMウェビナー」の参加方法】

という件名のメール内にある「リンクをクリック」して参加してください。

 

※ユーチューブでの配信はありません

 

※参加の際のQ&Aについては、こちらをご参照いただけます。

 

方法がわからない方は、お手数ですがUTAブックまでお電話いただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

 

(当日は電話はつながりませんのでご了承ください)

 

 

「軌跡 精神疾患と共に生きていく」表紙カバー

 

3月末に「軌跡 精神疾患と共に生きていく」が出来上がってきました。

病院等、図書館への寄贈は、これから著者の櫛山聡子さんとも相談し、かかっていく予定ですが、とりあえずは、ご予約いただいている方への発送を完了いたしました。ありがとうございました。

ところで、入金についてのお問い合わせがありますので、改めてご連絡させていただきます。

当該図書につきましては、UTAブックの発行としてではなく、編集工房DEPとして発行しており、従来の青い振替用紙は使うことができません。

振替口座ではなく、直接、

 

「編集工房DEP」のゆうちょ口座

(振込先銀行名:ゆうちょ銀行/支店名:四五八支店(読み=よんごはち支店、店番458)

口座種別:普通預金

口座番号:19353911

口座名義:DEP(デップ)

(記号番号は、14580になります)

 

 

へ、郵便局のATMからご送金いただくか、口座間送金(ダイレクト)なら手数料がかかりませんので、こちらをご利用いただくかしてご入金をお願いいたします。

勝手が違い、恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

予約・図書館寄贈用につくった本以外に、「軌跡 精神疾患と共に生きていく」は、アマゾンの「ネクストパブリッシング」(注文がるごとに一冊一冊を印刷・製本し読者に提供する形態)と、電子図書としても発売しております。

内容は同じですが、装丁が、ネクストパブリッシングでは「背のタイトル」がございません(この形式では100ページ未満の出版物には背タイトルがつきません)ので、ご注意ください。その他は、字体も、写真も印刷と変わらない仕上がりになります。

 

ZOOMウェビナーのテストへのご参加ありがとうございました。

平日にもかかわらず、約180組の方が参加されていました。

思いがけず塩川香世さんも参加していただいて、最後にともに瞑想の時間を持たせていただきました。

ありがとうございます。

 

「ZOOMウェビナー」についての質問をいくつか掲載させていただきます。

 

1. ZOOMとどう違うのですか?

 

「ZOOM」は個々の顔が写りますが、

「ZOOMウェビナー」はユーチューブと同じで顔は写りません。

テレビを見ているような感じです。

 

 

2.「メールアドレス」 と「名前」を入力したけれど、「Webセミナーに参加」のボタンを押せない

 

入力したメールアドレスが間違っています。

例えば、メールアドレスを入力される際に下記のような間違いが多いようです。

(1)「.(ドット)」のところが「,(コロン)」になっている

(2)「@」が入っておらず、メールアドレスの形式になっていない

 

 

3.  自分の顔が映らない

 

ZOOMとは違いますので、基本的に皆さんの顔は映りません。塩川さんやUTAブックの画面のみが写ります。

塩川さんやUTAブックの、画面が見えて、声が聞こえていれば、OKです。

 

 

4. メールアドレス はパソコン用とタブレットやスマホ用があるがどちらを入力すれば良いか?

 

どちらでもOKです。

 

 

5. 名前が英文字になっていて、漢字に変えたいがどうすれば良いか?

 

「ZOOM」の利用時に使っている名前が「ZOOMウェビナー 」でも出てくるようです。

別途、「ZOOM」を立ち上げて、名前の欄を変更してから、一度「ZOOM」参加してください。

参加される時は、登録されている瞑想会(死ぬまで瞑想会や、70歳未満)のZOOM IDを使って参加していただけたらと思います。(瞑想会がなくても画面を出すことはできます。)

 

テストの時に、「英文字では名前が分かりにくい」というコメントがありましたので、現在英文字になっている方は漢字のお名前に変更されることをお勧めします。

 

6. 「ホストがZOOMウェビナーを開始するまでお待ちください」という画面が出てくる。

 

ZOOMウェビナーの場合は、ホスト=UTAブックがZOOMウェビナー を開始するまで、画面が始まりません。

その画面で合っていますので、開始するまでそのままお待ちください。

 

 

 

取り急ぎ、わかることだけ掲載させていただきます。

まだまだUTAブックも「ZOOMウェビナー 」については勉強中ですので、みなさんの方で「これはこうだよ」とわかることがありましたら、教えていただけたら嬉しいです。

 

 

土曜日まであと2日ありますので、今日うまくできなかった方もまたお問い合わせしてみていただけたらと思います。

 

テストに参加されていた方にアンケートを取ったところ、「思っていたより簡単にZOOMウェビナーを使用できた」という方がほとんどでしたので、あまり難しく考えずに参加してみていただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。(朝日/記)

 

 

ピックアップ動画(音声)の4月分をアップしました。

今月のテーマはリクエストを頂いていた「私は愛です、あなたも愛です一つ」というテーマでピックアップさせて頂きました。

5月もリクエストを頂いている「自分の岩盤」というテーマと、それだけでは少し足りないので反転も入れて「自分の岩盤と反転」というテーマを予定しております。

それ以降のテーマなどもリクエストなどありましたらご連絡頂ければ幸いです。

紘次/記

昨日、「ZOOMウェビナー 」の件で、

UTAブック・メンバーズにご登録いただいている方に

メールを送らせていただきました。

 

受け取られたメールアドレスでUTAブック・メンバーズの登録がされている状況です。

 

今後、今回のような形でメールでのご連絡ということもあると思いますので、

メールアドレスの変更がある場合は、

下記までご連絡をいただけたらと思います。

 

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

また、Zoomをまだインストールされていない方につきましても、

お気軽にご連絡いただけたらと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

UTAブック

Tel.0745-55-8525

メール utabook250@gmail.com

 

 

 

4月4日(土)14時からの「ともに瞑想をLIVE配信」の参加方法につきまして、UTAブック・メンバーズの方に、【UTAブック「ZOOMウェビナー」の参加方法】という件名のメールを送らせていただきました。お手数ですが、ご登録のメールをご確認ください。


先日のYouTubeの不具合もあり、今回から「ZOOMウェビナー」を使っての配信となります。

「ZOOMウェビナー」については、初めての利用となる方がほとんどになると思いますので、4月1日(水)に一度テストを行いたいと思います。


4月4日(土)の「ともに瞑想をLIVE配信」にスムーズに参加していただくためにも、ご都合合う方はぜひご協力をお願いいたします。


-----------


UTAブック「ZOOMウェビナー」 テスト


日時:2020年4月1日(水)14時〜

※15分前から入っていただけます


参加方法:本日送付させていただいたメール内にあるリンクをクリックしてご参加ください。


-----------


ご不明点などございましたら、UTAブックまでご連絡ください。

よろしくお願いいたします。


UTAブック

Tel.0745-55-8525 メール utabook250@gmail.com

※Hさんより「UTAの輪の中でともに学ぼう」1949の英訳を送っていただきました。

 

1949) Understand that we’re in a moment of time where anything can happen. Understand this in your heart. You need to let go of the desire to try to fix things or do better with your physical form. We will not be able to. All we can do is watch in disbelief. These circumstances will appear in front of you.

 

What will you think of in these times? Where will your heart be directed towards? If there are no attempts to go as far as to reset everything, or some sort of groundbreaking force in your heart, your world with not budge at all.

 

This chance, we have all prepared for ourselves. There is a part of us that is longing to make that shift in your heart. Feel this determination of yourself to change your own track. Continue with the correct meditation, affirm this determination within you, and move towards that path of returning to the origin of yourself.

 

This is truly a once in a lifetime opportunity. Do not take this lightly and take care of yourself from your heart. Let’s live our lives, deeply directing our hearts towards space, a space that we need to return to.

 

 

1949) 何が起きてもおかしくない局面にすでに突入していることを、しっかりと心で感じてください。肉、肉で何とかする、何とかできるという思いは捨てていきましょう。何もできない、ただ呆然と立ち尽くすだけ、そういう場面にこれからそれぞれが立ち会っていくでしょう。

そのとき、そのとき、心に何を思うのでしょうか。どこに心を向けられるでしょうか。すべてをご破算にしてということがなければ、そしてポーンと飛び出していくことがなければ、自分の世界は、何も変わりはしないということです。

そのチャンスを自ら用意しています。飛び出していこうと固く思っているからです。飛び出して、そして、自分の軌道を変えていくという決意に触れてください。しっかりと正しい瞑想を重ね、その決意を確認して、そして本来の自分の元に帰っていきましょう。

千載一遇のチャンス。これを軽く受け止めることなく、心から自分を大切に、そして宇宙を、帰るべき宇宙を深く深く思って生きていきましょう。

先ほどもご案内させていただいたように、塩川香世さんのライブ「ともに瞑想を」が、ユーチューブの判断により中止せざるを得なくなりました。これについては、こちらが「もっと早く気付き手を打つべきことだった」と、申し訳なく思っております。

 

時節柄、インターネットによって、「塩川香世さん」と「心を学ぶ方々」をつないでいくことの重要性を痛感する今日この頃です。

このため、「ユーチューブの配信」は断念し、以後は「ZOOMミーティング」のオプションの機能である「ウエビナー(ウエッブとセミナーの合成語)」を使って、塩川香世さんにお願いし配信していこうと思います。

 

再開後の第一回は、来週土曜日(4月4日)の午後2時からウエビナーを使ってやっていただけることとなりました。

方法等、詳しいことは、UTAブックの案内ページに来週にでも紹介させていただきますが、

その前に一つだけ大事なお願いがあります。

少し耳を傾けてください。

今日のライブでは、300名以上の方がアクセスしていただいておりました。

ところが、今、UTAブックの持っている「ウエビナー」のライセンスでは100名の方しか視聴していただけません。

この上の500名の方に視聴していただけるライセンスですと、年間20万円近い費用が必要となってきます。

かといって、メンバーズ会員の値上げやその他の方法での徴収はやりたくありません。

そこで提案とお願いです。

以前、僕の書かせていただいた「死ぬということ」出版に当たって、図書館への寄贈を募らせていただいたところ、必要以上のご応募をいただき、次の図書の寄贈に回そうと思っている余剰金が発生しています。

勝手な判断で申し訳ありませんが、この一年、大事な時期だと心得ており、この余剰金を使わせていただきたくお願いする次第です。

本来なら「賛否」をとって判断すべきではありますが、独断で「死ぬということ」の図書館寄贈余剰金を、これに充てさせていただきます。追って収支報告はいたしますが、まずはご報告をさせていただきます。

(桐生敏明)

 

 

本日(3/28)、塩川香世さんのライブ配信が、配信サイト「ユーチューブ」の判断により突然に中止されました。

これは、ユーチューブ側が、この配信を「特定の団体のみのためだけの配信」と認定したためと思われます。

これに徒に抗議しても意味のないことだと思いますので、残念ながら、今回のライブは諦めることにいたします。

申し訳ありません。

つきましては、新型コロナウイルスの影響もあって、インターネットだけが頼りになりますので、以後は「ユーチューブ」の利用は断念し、ZOOM配信の付加機能である「ウエビナー」を使って行えるよう準備いたします。

ZOOMが扱える方は、決して難しいことではありませんので、準備ができ次第、塩川香世さんにお願いして、再度、ライブを行ってもらいますので、しばらくお待ちください。

本日は、塩川香世さんをはじめ、楽しみにされている方々にご迷惑をかけることになってしまいました。

重ねてお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。

(桐生敏明)

 

4月25日に「ともに瞑想会」を予定しておりましたが、主催者である塩川香世さんとも相談の上、新型コロナウイルス感染症の影響を考えて、大阪会場、東京会場ともに「中止」とさせていただくことになりました。(大阪会場は、6ヶ月の最初の月の「延期」となります)

 


楽しみにされていた方には大変申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

尚、大阪会場、東京会場ともに、

次回は、5月24日(日)を予定しております。

 

ご不明点などございましたら、下記までご連絡ください。よろしくお願いいたします。

ともに瞑想会事務局(UTAブック)
tomonimeisou@gmail.com
Tel.0745-55-8525/Fax.0745-55-8440